花屋が選ぶ!花束に使える 『青い花』 リストをまとめたよ

青いお花はお好きですか?

「幸せの青い鳥」や「結婚式のサムシングブルー」(花嫁が何かひとつ青いものを身につけると幸せになれるという伝説)のように、「青」には人を魅了する不思議な力があります。

また、「女性はピンク、男性は青」というような色の持つイメージもまだまだ根強くあるものです。

花屋にいると、みんな気軽に言うんですよ。
「男性なので、青系の花束お願いします」って。

青い花って少ないし高いし、ボリュームも出しづらくて結構難しいんです。
ユー、わかって頼んでるのかい??

でもまあ、確かに青い花はキレイ。

青い色の色素を持つ花は自然界にとても少なく、だからこそ魅力的であるともいえます。

どうしても青い花束を贈りたーい!というときのために、
『花屋さんにある青系の切花』を集めてみました。

青いバラについてはこちらの記事もどうぞ。

青いバラは存在する?花屋が考える青いバラの魅力。
青いバラ。 お花にそれほど詳しくない方でも、「青いバラ」といえば、なにか特別な感じがするのではないでしょうか。 自然界に...

お花屋さんによく出回る「青い」切花たち。

つぼみの形がイルカみたい!?「デルフィニウム」の仲間

花屋で青い切花といえば「デルフィニウム」

もうこれほぼ一択。デルフィニウムさまさま です。

くっきりとした濃い青から薄い水色まで、品種も豊富なのが嬉しい。

手ごろな花束に使いやすいのは枝分かれしたスプレー咲きの品種ですが、まっすぐ縦長に花がつくタイプの巨大なものもあります。

こんなのね。

By: julie

こういうのはスタンド花や大きいアレンジに重宝しますね。

ちなみにデルフィニウムという名前、つぼみの部分がイルカに似ているからついたとか。
つぼみもかわいいやつなのです。

季節によって値段は変動しますが(高い時はけっこう高い)、年間通じて生産されている貴重な「青い花」です。

花嫁さんにも人気「ブルースター」

デルフィニウムが主演男優なら、主演女優は間違いなくブルースター
薄い水色だけど、間違いなく「青系」です。

結婚式のブーケには「サムシングブルー」といって何か青いものを入れると縁起が良いのですが、それによく使われるのがコイツ。

絵具で塗ったような、綺麗なパステルブルーがなんともロマンチック。

これも年間通じて生産されていて、ありがたい青系のお花です。

ところでこの花の名前、本当は「オキシペタルム」と言います。

「ブルースター」はオキシペタルムの中の1品種の名前 でした。
ところがこっちが通名みたいに使われるようになっちゃったのですね。

うーん、悪いけど「オキシペタルム」よりずっと、イメージぴったりだもんね。

さらにややこしいことに、今は「ブルースター」という品種はあまり出回っていません
今は、切花用に改良された「ピュアブルー」という品種が有名ですね。

だから ほんとは「ブルースター」と言っちゃいけないんだけど、いまだに「ブルースター」と呼ばれ続けている ややこしい子です。

花言葉にはちょっと注意…「アジサイ」

青い花と聞いて日本人が思い浮かべるだろう花ナンバーワン、「アジサイ」です。

山や庭に咲いているイメージが強いですが、一応、切花としても出回っています。

もちろん天然に咲いた国産のアジサイは、5~6月のみ。

切花用には、オランダなどから輸入されたいわゆる「西洋アジサイ(ハイドランジア)」であれば、年間通じて手に入れることができます。

しかしまあ、結構な高級品です。店頭価格では、1本2~3000円くらいすることも。

あと、アジサイの花言葉には「移り気」というのがあって、贈り物の花束にするのはちょっとなあ…という人も。

土壌によって花の色が変化するアジサイだからこそついた花言葉なんですが、大事な贈り物だったらうーん、ちょっと考えてしまうかもですね。変に勘繰られたら嫌だし。

ということで、贈り物用の切花としてはいまいちな位置づけです。

青さではとっても綺麗なんだけどね。

その他、季節限定で出回る青い花たち。

季節限定で出回る花もあります。
年間通じては使えないけど、いい時期だったら旬も感じられてオススメ。

ニゲラ(初夏)

風に揺れる繊細な雰囲気が素敵な、野趣あふれる初夏の花です。
これも確かに水色ですね。

ふわふわした雰囲気で可愛いのですが、花が終わりになるとバラバラっと散って散らかるのが難点。

初夏にしか出回らない、季節限定品の青い花です。

ルリタマアザミ(初夏~夏)

かわいいトゲトゲまんまるな花。瑠璃玉の名前のとおり、美しい青ですね。

夏でもよく日持ちするいい子です。ちょっと質感は変わるけど、ドライにもなります。

エリンジューム(夏・通年?)

ルリタマアザミに似た感じのトゲトゲのこいつ。
本来は夏のものですが、品種によっては最近通年出回ってる?

すごく小さい品種から、ぼってり大きめのものまで、品種も増えてきて注目。

リンドウ(晩夏~秋)

秋にはコイツがいます!ありがとうリンドウ!
キレイな真っ青ですね。日持ちもするし、そんなに高くないし、いい子です。

ちょっと和風なイメージがあるのと、仏花っぽいと思われてしまうのがやや難点か。

アイリス(年明け~春)

日本で言う、アヤメやショウブの仲間ですね。
青い。たしかに青い。安価だし手に入りやすい。ただし花束には使いにくいのです。

なぜなら、咲いてる期間が短いから。

つぼみの状態で入荷するので徐々に開いていくのを楽しむのにはいいのですが、つぼみだと色も出てないし、花束にはあんまり使わない。

あと、日本ではちょっと仏花っぽいイメージがありますね。

そんなに言うなら染めてしまえ!「染めの青花たち」

By: LMAP

最近多いのはコレです。青くないなら染めてしまえ。

特殊な染料を吸わせて青く着色している花ですね。最近は上から染めるパターンもあるらしい。うへえ。

バラ、ガーベラ、カーネーション、菊、カスミソウなどは、青く染められたものが流通しています。

また、「切花を青く染める染料」も売っていて、一晩くらい吸わせておけば、だいたいの白い花は青く染まります。そりゃあもう、真っ青にね。

青い花は自然界で貴重だからこそ魅力的なのになあ…と思うけれど、わかりやすく青い花が欲しいとき(たとえばテーマカラーに沿っての制作など)には重宝します。

ちなみに、水も青くなるし、手もすぐ青くなりますよ。飾るときには要注意。

青系指定でもコッソリ混ぜちゃう「紫色」の切花たち。

青い花があんまりないときに、それでも青系の花束を!という注文に、花屋はどうするか。

ええ、紫系のお花を入れちゃいます。

紫のお花は、青に比べればわりとあるのです。濃い目の紫で重宝する切花をご紹介しましょう。

主役級の華やかさ「リシアンサス」

最近、バラにとってかわる勢いなのが「リシアンサス」
別名の「トルコキキョウ」の方が馴染みがあるかな。

八重咲きの品種は本当に一輪でも主役級!

一重咲きの子は繊細な印象。

白・ピンク・グリーンなどいろんな色がありますが、紫系の色もけっこう豊富で、ありがたい存在です。

年間通じて手に入ります。高いけどね!!

色味を足したいなら「スターチス」

By: Nacho

紫といえば「スターチス」
ああ、あのドライフラワーになる花ね、ってイメージでしょうか。

どうしても仏花の花感は否めない。
でも色がキレイなので、上手に使えばいい挿し色になります。

コレの仲間の、「ブルーファンタジー」なんかもボリュームを出すのに重宝します。
紫界のカスミソウ的ポジションか。

ガラスの仮面を思い出す?「紫のバラ」

青いバラは人類の夢…ですが、紫のバラは天然でけっこうあります
香りも良いものが多いので、私は好きですよ。

出回り量は他の色に比べて少ないでしょうが、注文すればちゃんと手に入ります。

紫の濃さもいろいろ。

紫のバラの人…と考えてしまう人はガラスの仮面世代。

ちょっと個性的。ランの仲間

独特の個性で好みは分かれますが、ランの仲間にもけっこう紫系があります。

切花でよく使われるのはモカラやアランダ。
アランダの「チャックワンブルー」という品種が、紫のランとしては手に入りやすいかも。

その他、季節限定で出回る紫の花たち。

紫の花はけっこうあります。ざっと写真のみで紹介しますね。

アネモネ(春)

By: Becks

ムスカリ(春)

ヒヤシンス(春)

チューリップ(春)

スイトピー(春)

アゲラタム(春・ほぼ周年)

スカビオサ(秋~初夏・ほぼ周年)

ブルーレースフラワー(ほぼ周年)

アガパンサス(初夏)

まとめ。

お花屋さんに並ぶ「切花」として流通しているお花には、他の色に比べて青い花というのはとても少ない のです。おわかりいただけたでしょうか。

ま、最終手段はラッピングペーパーとリボンだったりします。
青いペーパーでくるんで、青いリボンをつけて、青系です!と言うというね。

でも天然で青い花って、やっぱりキレイ。不思議な魅力がありますね。

ここに載せた花を花屋さんで見つけたら、「おっ」と思って見てみてください。

―――――

花束を贈るなら、こんな贈り方はどうでしょう?

こんな花束の贈り方はいかが?単品花束のススメ。
最近の花束の流行は、いろんなお花をミックスしたものが多いと思います。 「3000円くらいで、おまかせで」と頼めば、何種類かのお花が入っ...
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大