知りたい花言葉をすぐに調べられる!LINE@はじめました
花言葉

【送別会 / 卒業式】花屋が選ぶ、送別に贈りたい花言葉をもつ花10選【感謝・お疲れさま・門出】

花言葉を添えて、花束やアレンジメントを贈りたい!

そんな方のために、日本のお花屋さんで一般的に買えるお花の花言葉をまとめています。

花言葉から花の種類を逆引きするまとめシリーズpart.1は、送別会や卒業式で贈りたい意味の花言葉。

今までありがとう、お疲れさま、の気持ちをこめて、『感謝』『門出』『尊敬』『希望』などの花言葉を持つ花を集めました。

一般的にお花屋さんで購入できる季節も記載しています。参考にしてみてください。

 

『希望』

送別・卒業など、新たな門出は希望いっぱい。新しい道が素敵なものでありますようにと想いを込めて。『希望』の花言葉をもつ花はこの2つ。

トルコキキョウ

バラのような主役級ポジションを占めつつあるトルコキキョウ。お店によっては「リシアンサス」や「ユーストマ」と呼ばれたりしていますが、「トルコキキョウありますか?」と言えば通じるはず。

 

色は、白・クリーム色・ピンク系・紫系と幅広く揃います。品種によって輪の大きさや咲き方もさまざま。

八重咲き、フリル咲きの1輪でも豪華なものから、一重咲きの楚々とした雰囲気のものまで、イメージに合わせて様々な品種があります。

お値段はやや高め(1本400円~800円くらい)ですが、1本で何輪か花がついており、花もちも良いので納得感は◎。

値段は時期によって変動しますが、1年通して購入できます。欲しい色・品種がある場合は事前に予約しましょう。

ガーベラ(全般)

みんな大好き、定番のガーベラ。

お手頃な値段(1本150~300円くらい)と膨大なカラーバリエーションで、お花屋さんにとっても大変重宝する花のひとつです。

送別会シーズンとなれば、花束需要の多い花屋さんにはほぼ置いてあると思いますが、たくさん使いたい・色指定して頼みたい場合などは事前に予約をしておきましょう。

色別の花言葉もありますので、こちらもチェックしてみてください。

あわせて読みたい
【花言葉】いつでも買える!お花屋さんに並ぶメイン切花12種の花言葉まとめ 花言葉を添えて、花束やアレンジメントを贈りたい! そんな方のために、日本のお花屋さんで一般的に買えるお花の花言葉をまとめま...

 


スポンサードリンク




『門出』

そのままズバリ、『門出』という花言葉をもつのはスイトピー。卒業・就職など、新しい道に進む人に贈りたい花言葉です。

スイトピー

スイトピー

松田聖子さんの「赤いスイトピ~♪」で有名になり、名前は知っている人が多いのでは。

こちらは1年通じて出回る花ではなく、旬は春。切花として多く出回るのは1月~3月で、まさに卒業式や年度末の送別会にピッタリな季節感のある花です。

ナチュラルな色は、白・クリーム色・ピンク系・紫系などですが、「染め」技術が使われたものが多く出回っており、黄色やオレンジ、茶色や黒などあらゆるカラーが揃います。

お値段も手ごろで、1本150~200円くらい。甘酸っぱい香りも魅力。

 

『感謝』

旅立つ人へ贈りたいのは「感謝」の気持ち、という方も多いのでは。お世話になった先輩や先生、部署が変わってしまう上司へ贈りたい、『感謝』の花言葉を持つ花たちです。

レースフラワー

レースフラワー

カスミソウ的ポジションの花である、レースフラワー。楚々としたナチュラルな雰囲気の花束によく似合います。

白の品種が圧倒的に多いですが、グリーンがかった品種ワインレッドの品種もあります。

他のお花の添え物として使われがちですが、レースフラワーだけでぶわっと束ねても素敵かも。

1年通じて出回っていますが、出回り量にはムラがあります。レースフラワーご指名で使いたい場合は、事前予約をおすすめします。

カンパニュラ

カンパニュラ

大きめのベル型の花が印象的なカンパニュラ。

多く出回る時期は5月~6月、季節限定の「初夏の花」です。

花言葉の由来はギリシャ神話。果樹園の番人のニンフ・カンパニュールは、園に侵入してきた兵士を見つけてベルを鳴らして知らせましたが逆に兵士に殺されてしまいました。それを知った花の女神フローラは、果樹園を守ったカンパニュールの誠実さに感謝し、彼女を美しい花の姿に変えました…という伝説から。

 

『感謝』の他に、『謝辞』『誠実』などの花言葉もあり、まさに『感謝』を伝えるのにぴったりの花。(シーズン的に母の日にぴったりなのに、あんまり推されていないんですよね…惜しい!)

花色は、白・ピンク系・紫系。ほんのり甘い香りもあります。

5~6月に送別の機会がある方は、ぜひ検討してみては。

『信頼』

離れても元気で!今までありがとう!一緒に勉強や仕事をしてきた仲間や先輩へ、『信頼』の花言葉を贈ってみるのも良いかも。

オレンジのバラ

バラは色別に花言葉がありますが、オレンジのバラは『信頼』のしるし。

男性にも女性にも贈りやすい、元気の出るカラーですね。1輪の花がつくスタンダードタイプでも、1本に何輪も花のつくスプレー咲きタイプでも、オレンジ色の品種は豊富にあります。

季節を問わずに購入できますが、念のため事前予約はしておいた方がいいでしょう。

 

あわせて読みたい
SPバラとかSPマムって何?スプレー咲き・スタンダード咲きについて解説するよ お花屋さんでバラやカーネーションを買うとき、「スプレー」「SP」という表示を見たことありませんか? エスピー?なん...

 

アゲラタム

アゲラタム

鉢物のイメージが強かったアゲラタムですが、最近は切り花としても多く出回るようになってきました。

花名の『アゲラタム』の由来は、初夏から秋まで色あせることなく次々と花を咲かせることから「年をとらない花」「古くならない」「老いない」という意味のギリシャ語「アゲラス」から。

カッコイイ女性の上司なんかに贈ったら、喜ばれそうなエピソードですね。

『信頼』のほか、『安楽』『幸せを得る』『安心感』などの花言葉もあります。

春~夏に多く出回っています。いつでも置いてあるメインの花ではないので、使いたいときは事前に花屋さんに相談するのが◎。

 

マーガレット

マーガレット

春の定番マーガレット。

どんな花とも合わせやすく、マーガレットだけで束ねても素敵。

『信頼』のほかに『真実の愛』『心に秘めた愛』などの花言葉もありますので、誤解されないようにしましょう(笑)

出回り時期は春。1月~3月の送別シーズンには問題なく購入できる春の花です。

 

『誇り』『尊敬』

退職する上司へ、異動してしまうお世話になった先輩へ。感謝と尊敬の気持ちを込めて、『誇り』『尊敬』の花言葉をもつ花です。

紫のバラ

バラ

高貴なイメージのある紫のバラ。

赤やピンクに比べれば量は少ないですが、いろんな品種が出回っています。季節を問わず購入できますが、常備しているお花屋さんは少ないかもしれません。事前に相談して予約しましょう。

紫といっても、濃い紫から淡い紫までさまざま。「紫のバラ」とだけ注文すると、イメージと違った!ということもありえます。予約時にはお花屋さんと一緒に画像などで確認しておくのがおすすめです。

紫のバラ・品種 画像検索結果はこんな感じ。

 

意外とハデさはないので、見栄えのする花束を作りたい場合は、組み合わせる花を工夫したり量を増やしたりといった工夫は必要です。お花屋さんと事前によく相談しましょう。

 

『また会う日を楽しみに』

送別にドンピシャな、こんな花言葉をもつ花もあります!また会う日を楽しみにしているよ、の気持ちを込めて。

ネリネ

ネリネ

ヒガンバナの仲間であるネリネ。出回るシーズンは秋~冬です。

すっとした花姿で上品な印象の花。花びらがキラキラと輝いて見える「ダイヤモンドリリー」もネリネの一種。

ボリューム感は出ないわりに、お値段は高め。でも花もちは良く、独特の美しさは他の花にはない佇まい。花言葉にこだわって使ってみるのも素敵だと思います。

出回るシーズンが限られていること、入荷してすぐ使えない場合もあること(全く咲いていないつぼみの状態で入荷することもあります)から、花束に使うときは事前に相談&予約をしておきましょう。

 

あわせて読みたい
よく似てる!「ネリネ」「リコリス」「ダイヤモンドリリー」、違いを説明できますか? 秋になるとお花屋さんに並ぶよく似た3つのお花に、 「ネリネ」「リコリス」「ダイヤモンドリリー」 があります。 ...

 

まとめ。

卒業式や送別会に使えそうな花言葉をピックアップしてまとめてみました。

どれも切花として市場に出回っており、お花屋さんが花束に使える花ばかりです。

 

ただし!突然飛び込みで花屋さんに行って、置いているとは限りません。

記事中にも書きましたが、出回る季節が限られているものもありますし、周年出回っていたとしても、いつも店頭に置いているとは限りません。

必ず事前に(できれば1週間前くらいまでがベスト)一度、頼むつもりのお花屋さんに相談してください。

今回紹介したお花は、事前に相談していただければそれほど入荷が難しくないものばかりです。

是非、事前にひと手間かけて、花言葉にこだわった素敵な花束を贈ってくださいね。

 

▶『花言葉』関連記事の目次に戻る