本当に使える花言葉リスト制作中!
お花屋さんで買える切花の名前

花の名前、わかりますか?お花屋さんでよく見る花9選【スタメン級・初心者編】

 

お花屋さんで花束を頼もうと思っても、花の名前がわからない。知りたくても、名前が書いてない…。

お花屋さんで花を買おうと思ったとき、そんなふうに思ったことありませんか?

お花屋さんに出回っているお花の種類は膨大。季節ごとに出回る花も変わりますし、同じ花でも品種によって雰囲気が違ったりもします。(花屋も覚えるの大変なんですよ…)

 

それでも、ほぼ1年通じて出回っている「スタメン級」のお花はあるのです。

まずはこの9種類の名前がわかれば、お花屋さんに入るのも怖くない!

花屋で働く私が選んだ「1年間通じて手に入る基本の9種類」をご紹介しましょう。

 

バラ

みんな大好きな「バラ」。押しも押されぬ主役級ですね。

1本の茎に1輪の花が咲いている「スタンダード」と、1本の茎に小さな花が複数咲いている「スプレー咲き」があります。

色も、赤・ピンク・黄色・オレンジ・紫・白・茶系…などなど非常に豊富。ないのは青系だけと言っても過言ではありません。

 

バラというとこんな花姿を思い浮かべる方が多いですが↓

 

ころんと丸く咲くタイプのバラもありますし↓

 

こんなフリフリに咲くものも。↓

 

こんなんじゃバラってわからないよ!という人は葉っぱを見ましょう。バラの葉はどの品種でもこんな感じで共通しています。

 


スポンサードリンク




ガーベラ

小学生が絵に描きそうな「ザ・お花!」のかたちのお花といえば「ガーベラ」。

お値段がお手頃(1本100~200円くらい)で、カラフルで存在感もあり、いつでも手に入る。非常に便利でいい子です。

 

花が大きい種類(大輪)と、小さい種類(小輪)があります。また、品種は膨大でいろんな色や咲き方があります。ただし、青系の色はありません(人工的に染めたものを除く)。

 

花びらがツンツンしている「スパイダー咲き」↓

 

花びらがくるんとしている品種↓

 

八重咲きでモリモリの品種↓

などなど。

 

花びらを傷つけないようにビニールのキャップをかけて売られています。

 

ガーベラは咲いた状態で出荷されるので、「つぼみ」の状態のものはありません。葉っぱがついていないのも特徴。

 

カーネーション

母の日に贈る花として定番の「カーネーション」。

こちらもバラ同様、1本の茎に1輪の花が咲いている「スタンダード」と、1本の茎に小さな花が複数咲いている「スプレー咲き」があります。

 

カーネーションも品種が膨大で、本当にいろんな色があります。赤・ピンク・白・黄色・オレンジ・グリーン・紫などはもちろん、花びらの縁だけ色が違う「複色系」や、ベージュやボルドー、茶系などの渋い色もとても豊富。

 

複色系は、こんなものや↓

 

こんなものも。↓

 

スプレー咲きのカーネーションには、変わった咲き方のものもあります。

 

茎や葉っぱを見ると「ああ、カーネーションだなあ」とわかります。ナデシコの仲間です。

 

トルコキキョウ(リシアンサス)

近年バラに次ぐ勢いで主役の座に躍り出ているのが「トルコキキョウ」。

流通する名前がやや不安定で「トルコキキョウ」と言ったり「リシアンサス」と言ったり「ユーストマ」と言ったりしている店もありますが、すべて同じ花です。

 

お値段はやや高め。ただし1本にいくつか花がついているので切り分けて使えますし、使い勝手は良いお花です。

色は、白・グリーン・クリーム色・ピンク濃淡・紫系が多く、近年はベージュやアプリコット系、くすんだ紫や茶系などの渋い色も出てきています。↓

 

昔ながらの「トルコキキョウ」といえばこんな感じの一重の花をイメージしますね。↓

 

現代は品種改良が進み、八重咲きの品種や↓

 

大きなフリル咲きの品種や↓

 

逆に清楚な小輪の一重咲きも。↓

 

本当にいろんな品種がうまれて出回っています。

「えっ!これもトルコキキョウ?」という驚きがある花です。

 

ユリ

こちらも往年の名スター・スタメン級。王道の「ユリ」です。

 

花屋によく出回っているのは、

大輪で香りも強い「オリエンタル系」ユリ↓

 

すっとしたラッパ型のユリ「テッポウユリ」↓

 

花は小さめでカラフルな「スカシユリ」「LAユリ」↓

 

の3系統。

よく聞く「カサブランカ」は、オリエンタル系ユリの中のひとつの品種です。

 

菊(マム)

菊はお供えの花でしょ?と言うのはもう古い!

近年は本当にいろんな種類のオシャレな菊が出回っており、贈りものとしても使われますし、普通に飾るのにも抵抗はないです。

こちらもバラ同様、1本の茎に1輪の花が咲いている「スタンダード」と、1本の茎に小さな花が複数咲いている「スプレー咲き」があります。特にスプレー咲きの品種は普段使いや花束に入れるのにも違和感なし。

 

いわゆるお供えやお葬式で使う菊。白、黄色、赤がメイン。↓

 

こちらもお供えによく使う、古くからある「小菊」。白、黄色、赤がメイン。↓

 

これに対し、最近出回っているオシャレな菊たちは、「菊」ではなく洋名で「マム」と言っています。

1輪咲きのマムには、

ピンポンマム。↓

 

大輪で美しく咲く種類のもの。↓

 

スプレー咲きのマム↓

 

色とりどりでオシャレ。素敵な花束に入っていても違和感なし。菊だからイヤ、とは言われなくなってきています。

 

アルストロメリア

よく見るけど、名前は知らない人も多いのではないでしょうか。アルストロメリア。

日持ちもよく、1本でボリュームが出るので、花束やスタンド花に欠かせない存在。スタメンだけど意外と名前は知られてない、渋い7番バッターみたいな感じでしょうか。

 

色は、白・ピンク・黄色・オレンジ・紫など、わかりやすい色はおおむねカバー。

 

カサを出すための脇役というイメージがありましたが、近年は1本で飾っても美しい品種もいろいろ生み出されています。

花びらにある斑点がちょっと…という意見もあり、最近は斑点のない品種(スポットレス)もあります。

 

デルフィニウム

「青い花」として欠かせない存在の「デルフィニウム」。青系の花といったらもう、コイツに頼りっぱなしです。

 

デルフィニウムの中にもいくつか種類があります。

大きく分けて、1本に長いタイプと、スプレー咲きのタイプがあります。

 

1本に長いタイプで、大きい品種。↓

 

1本に長いタイプで、小さい品種。↓

 

スプレー咲きの品種。↓

 

色は、青・水色・紫(ラベンダー)・白・ピンクなど。黄色やオレンジ系はありません。

 

カスミソウ

みんな知ってるまとめ役、「カスミソウ」。

ちょっと昭和の印象もあったりして、オシャレなお花屋さんでは置いてないこともありますが、それでもやっぱり優秀なまとめ役です。(ついでに言うと、使い方次第では全然古くないし、可愛いお花ですよ)

「カスミソウだけのブーケ」って今も頼む人はいますし、どんなお花に合わせてもふんわり馴染みます。

 

最近は人工的に染めたカスミソウも出回っています。最初はえー!と思ったけど、意外と可愛い。↓

 

まとめ。

すごくたくさんの花を紹介した感じがしますが、これでたった9種類。切花の品種の多さが実感できますねえ。品種改良でさらに毎年、新しい品種が続々うまれています。

 

お花の種類を見分けるときのポイントは、茎や葉っぱを見ること。

品種改良でお花の色や形は様々に変わりますが、茎や葉っぱの特徴はほとんど変わりません。「コレの仲間かな?」と推測するヒントになりますよ。

 

なお、お花屋さんでよく見る花シリーズは【南国トロピカル編】【ラン編】【春の花編】など今後も続く予定です。どうぞお楽しみに。

 

【春の花編】はこちら!

あわせて読みたい
花の名前、わかりますか?お花屋さんでよく見る花10選【春~spring~編】 お花屋さんで花束を頼もうと思っても、花の名前がわからない。知りたくても、名前が書いてない…。 お花屋さんで花を買おうと思っ...

 

【南国トロピカル編】もあります。

あわせて読みたい
花の名前、わかりますか?お花屋さんでよく見る花13選【南国トロピカル編】 お花屋さんで花束を頼もうと思っても、花の名前がわからない。知りたくても、名前が書いてない…。 お花屋さんで花を買おうと思っ...

 

切花の花図鑑はいくつかありますが、こちらはkindle版が安い。スマホに入れておくといいかも。