台風15号の被害を受けた花き生産者へのクラウドファンディング始まりました!
上手に花を買うには

花の名前、わかりますか?お花屋さんでよく見る花13選【南国トロピカル編】

 

お花屋さんで花束を頼もうと思っても、花の名前がわからない。知りたくても、名前が書いてない…。

お花屋さんで花を買おうと思ったとき、そんなふうに思ったことありませんか?

 

お花屋さんでよく見る花図鑑シリーズ第3弾は、トロピカル南国の花編 です。

南国の花は、夏らしい商品に使われるだけではありません。年間通して入手しやすいため、冠婚葬祭にも大活躍。例えばランなどは、葬儀には欠かせない花のひとつ。

 

比較的もちのよい花が多く、暑い夏のアレンジにも重宝します。花の色や形にインパクトがあるので、一花飾るだけで存在感もたっぷり。家庭で飾るのにも使いやすいので、ぜひ挑戦してほしいジャンルです。

 

それでは行ってみましょう!

ランの仲間

南国の花のイメージといえば、ラン。

国産・輸入ともに、高いものから安いものまで。たくさんのランが出回っています。

デンファレ

デンファレ

 

一番安価でよく見るランはデンファレではないでしょうか。バーでトロピカルドリンクに添えてあったり、タイ料理屋さんでお皿に乗ってたりする、アレです。

 

よく見るのは濃いピンク系の『ソニア』という品種ですが、薄ピンクや白、グリーンなどの品種もあります。花持ちがよく、贈りものから冠婚葬祭まで、幅広く活躍するランです。

タイからの輸入品が多いですが、沖縄などでつくっている国産品もあります。(国産はけっこうお高いですが、とってもキレイ)

デンファレデンファレ

個別ページはこちら  >>【切花図鑑】デンファレ|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

 

モカラ

モカラ

 

デンファレに次いで、安くてよく見るランはモカラ。濃いピンクの『カリプソ』が有名。黄色・オレンジ・赤・濃いピンクなど、ビビットな色が揃います。

こちらも花もちが良く、小さいアレンジに非常に使いやすいラン。デンファレと違って、葬儀にはあまり使われていないイメージ。ビビットだから?

 

モカラモカラ

オンシジウム

オンシジウム

 

小さな蝶のような細かい黄色い花が集まってついており、遠目に見ても華やかなラン。

高級な花束やスタンド花など大型のアレンジに定番です。

オンシジウムといえば黄色が主流ですが、最近は『シャーリーベイビー』や『ソフィア』などピンク・エンジ色系の品種も出てきています。シャーリーベイビーはすごく香りが良いんですよね。(参考サイト

個別ページはこちら>>【切花図鑑】オンシジウム|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

コチョウラン

コチョウラン

 

ランの王様・コチョウラン。鉢物のイメージが強いですが、切花でも出回っています。

でも、一般のお客さんが店頭で目にすることは少ないかもしれません。大きなスタンド花や葬儀の花籠など、高級なアレンジに使うことが多く、あんまり店頭には並ばない。花束なんかには入れづらいしね。

結婚式のブーケでは根強い人気。高級感があってコンサバな雰囲気のブーケに仕上がります。

 

シンビジウム

シンビジウム

 

こちらも鉢植えで有名なラン、シンビジウム。デンファレやモカラに比べるとお値段は高いですが、切花でも使いやすいランのひとつ。

輸入品もあるので一応年間通して出回っていますが、旬は冬です。なので、あんまりトロピカルな印象はないかも(個人的には)。お正月のアレンジなんかによく使います。

 

シンビジウムシンビジウム

個別ページはこちら>>【切花図鑑】シンビジューム(シンビジウム)|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

その他のラン

モカラにちょっと似ていますが、紫色で花が大きいのはバンダ

 

あと、こちらもモカラに少し似ているアランダ

『チャックワンブルー』という紫系の品種があるので、それはよく出回っています。

チャックワンブルー

 

もうひとつ、切花でよく出回るランのひとつが、エピデンドラム

蝶々みたいな小さな花がかたまってついていて、すっと伸びた茎が印象的。アレンジや花束にも使いやすい大きさです。

派手さはないけど、私はけっこう好き。

 

By: An Ta

 


スポンサードリンク




ラン以外のお花

ラン以外で、南国風!!といえば、こんなお花たち。

アンスリウム

アンスリウム

 

ザ・南国!!平べったい独特の花の形、真っ赤な花。きっと一度は見たことがある、アンスリウム

アンスリウムといえば「赤」のイメージですが、実はいろんな品種があり、大きさもいろいろ。小型で可愛いものは、小さいブーケに入れたり、お部屋に飾ったりもしやすいです。

アンスリウムアンスリウムアンスリウム

個別ページはこちら>>【切花図鑑】アンスリウム|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

クルクマ

クルクマ

 

いまいち名前は浸透していないけど、夏のお花屋さんでは重宝するクルクマ

ショウガやウコンの仲間です。ピンクに見えるところは花ではなく苞(ほう)。なので、暑い時期でも比較的長持ちする花です。

 

クルクマがなぜか活躍するのは7月~8月のお盆のころ。ピンクのクルクマは、蓮の花にちょっと似ているので、お盆の仏花によく使われるんですよね。

白やピンク、ミニサイズの品種などもあります。夏にぜひ飾ってほしい花のひとつです。

 

クルクマクルクマ

個別ページはこちら>>【切花図鑑】クルクマ|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

ストレリチア・ヘリコニア

ストレリチア

 

ストレリチアは、別名・極楽鳥花(ゴクラクチョウカ)。

これもお正月のアレンジなどによく入っていますよね。鳥のくちばしのような、個性的な姿は一度は目にしたことがあるはず。

 

ストレリチアの親戚で、似たようなジャンルとしてヘリコニアがあります。切花としても出回っており、大型のアレンジやスタンド花などで個性を発揮します。

 

 

花に負けない!葉ものたち。

南国風アレンジを作るとき、欠かせないのは葉ものの存在。このへんの葉っぱを入れると、一気に南国度アップです。

モンステラ

モンステラ

トロピカルの葉っぱといえばモンステラ

大きさも色々あって、大きなスタンド花から小さめのブーケまで、万能な葉もののひとつです。

 

アレカヤシ

写真がなくて申し訳ないのですが、いわゆる「ヤシの葉っぱ」でよく見るのがアレカヤシ

スタンド花の背中にしゅっしゅっと入ってるやつです。ヤシの木だけあって、南国感はバッチリです。(アレカヤシ画像

 

まとめ。

南国トロピカルなお花たちは、意外と「夏限定」ってわけでもないのがおわかりいただけたでしょうか。むしろ、いつでも入荷できる輸入品があるので、年間通して安心して使われているんですね。

ビビットな色合いや不思議なかたちは、南国のお花たちの魅力。

気合を入れたい贈りものや、開店祝いのスタンド花など、個性を出したいときにはぜひオーダーしてみてください!

関連記事

お花屋さんでよく見る花シリーズ、ほかにもあります。

>>花の名前、わかりますか?お花屋さんでよく見る花9選【スタメン級・初心者編】

>>花の名前、わかりますか?お花屋さんでよく見る花10選【春~spring~編】

>>花の名前、わかりますか?お花屋さんでよく見る花9選【ネイティブフラワー編】

 

写真でわかる!切花図鑑のもくじはこちらのページからどうぞ↓↓

 

花言葉を調べて花を贈りたい方におすすめのサービス!

花束やアレンジメントを贈るとき、花言葉がわかるといいな、と思ったことはありませんか?

ハナラボノートは、

お花屋さんの店頭で、サッと花言葉を調べられる『公式LINE』をつくりました!

 

こんな感じで「花名」を話しかけると、そのお花の花言葉・関連記事をすぐに返信します。

 

特徴は、お花屋さんに出回っている切り花のみに絞ってまとめられていること。

現代の私たちは、花を贈ろうと思ったらお花屋さんを利用しますよね。でも、お花屋さんに出回る切り花は、原産地も歴史もさまざま。古くからの花言葉本には載っていないものもあったりします。

花束やアレンジメントを贈るときに、それでは不便…ということで、現役のお花屋さん目線で、従来の花言葉本からピックアップしてまとめなおしました!

 

登録はコチラから★

友だち追加

ぜひご利用ください\(^o^)/