知りたい花言葉をすぐに調べられる!LINE@はじめました
切花図鑑

【切花図鑑】アルストロメリア|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

アルストロメリア

花束にアレンジに、お花屋さんでは大活躍の「アルストロメリア」。

よく見るけど、そういえば名前は知らなかった…という方も多いかもしれません。

今回はそんな「アルストロメリア」にスポットを当ててみましょう。

アルストロメリアってこんなお花!

アルストロメリアの基本情報です。

アルストロメリア

アルストロメリアの基本情報

学名:Alstroemeria
分類:ユリズイセン(アルストロメリア)科 / ユリズイセン(アルストロメリア)属
和名:ユリズイセン  英名:Peruvian lily・Lily of the Incas
原産地:南アメリカ

 

お花屋さんには周年出回っています。出回り量が多いのは3~5月ですが、だいたいいつでもあるイメージ。

価格はいろいろで、200円~500円くらいの間でしょうか。

1本で何輪も花がついているのでお得感があります。小さめのユリのような雰囲気で、1本でも華やか。

白、ピンク、赤、黄色、オレンジ、紫…いろんな色バリエーションがあることも重宝する理由のひとつ。新しい品種もどんどんうまれています。


スポンサードリンク




アルストロメリアの切花の飾り方・日保ちについて。

アルストロメリアの切花、日持ちはする?

アルストロメリアはとても日持ちがするお花のひとつ。自宅に飾っていても、まだ咲いてる!とびっくりすることもあるほど。

アルストロメリア

受粉してしまうと花もちが悪くなるので、花粉は早めに取りましょう。花が多いのでちょっとめんどくさいけどね。

アルストロメリアの花をよく見ると、今咲いている花の横にセットでつぼみがついています。これが二番花。

アルストロメリア

アルストロメリアの場合、この2番花がしっかり咲いてくることが多いです。なんてコスパがよいのでしょう…!

最初の花の色が悪くなってきたら、1番花は切り落とし、2番花が咲いてくるのを楽しみましょう。

1番花ほど大きく鮮やかではありませんが、それもまた可愛い。

 

アルストロメリアの飾り方・飾るときの注意など。

飾るときの注意がほとんどないくらい、手のかからない切花です。水あげも良く、茎も腐りにくく、ちょっと水替えをサボったって元気に咲いています。なんとよい子なのか。

花が終わるときバラバラっと散るので、それが嫌な人は終わりかけの花を早めにカットしましょう。

 

アルストロメリアの花言葉は?

花言葉は、『持続』『未来への憧れ』『凛々しさ』『献身』『愛着』 など

 

 

品種・合わせたいお花・おすすめの使い方。

花びらの点々がない「スポットレス」

アルストロメリアの特徴のひとつは、花びらにある「斑点」。

この「斑点」をなくした品種もつくられています。いわゆる「スポットレス」というタイプ。

別に斑点がキライなわけじゃないけど、確かに特徴的で主張が強いですよね。スポットレスの品種は、より透明感があり繊細な印象です。ブライダルにも使いやすいかも。

印象が全然違う!「小輪タイプ」

最近よく見るアルストロメリアの新品種には、すごーく花の小さいタイプもあります。

 

繊細で、草花っぽさが魅力。今までのアルストロメリアの印象をくつがえしますね。1本でもとってもオシャレ。

どんなアレンジにも合う、豊富な花色。

アルストロメリアの魅力のひとつは、豊富に花色が揃うこと。

1本で飾ってもいいし、「○○色系の花束に」と言われて他の花に合わせても調和してくれます。華やかなイメージなので、ユリやバラと合わせて賑やかにするのも良いですね。

たとえば同じピンクでも、様々な種類があります。アルストロメリアを買ったときは、できれば品種名もチェックしたいところ。きっとお気に入りの品種が見つかるはずですよ。

 

アルストロメリアの豆知識いろいろ。

切花としての歴史は浅い

日本に切花として入ってきたのは大正時代。ですが、その時はあまり定着しなかったようです。

本格的に生産がはじまったのは1980年代以降。まだまだ新しい切花のひとつです。現在も、新しい品種が次々うまれています。

「リグツ」系とは?

アルストロメリアの新しい品種のことを「リグツ系」と言ったりするのを聞いたことがありませんか?

「リグツ系」ってなんのこと?と思ったので調べてみたところ、

チリ産の「リグツ」を中心に育種改良された品種 のことだそうです。

 

アルストロメリアは、チリ・ブラジル・ペルー・アルゼンチンなど南米に100近い野生種が存在しており、そういった原種をもとに園芸品種がつくられています。

カリオフィレア系、バタフライ系、ペレグリナ系など、もとになった原種によって系統がありますが、リグツもそのひとつ。

リグツは草丈が高く、花数が多く、斑点が少ないのが特徴。スポットレスの人気の高まりとともに、リグツ系を見る機会が増えたのかもしれません。

→リグツはこんな感じ。

1本の花付きがよく、ちょっと小ぶりで細長い花が特徴的ですね。

 

 

切花のアルストロメリア、まとめ。

アルストロメリア、まとめです。

アルストロメリア

・いろんな色バリエーションが楽しめる。1本でも華やか。

・花もちよく管理もラクで、ズボラな人にもおすすめ。

・2番花まで楽しめるコスパのよさ!

・新しい品種にも注目!アルストロメリアのイメージを覆す繊細な素敵さも。

 

今やありふれて身近な花である「アルストロメリア」。よーく見ると2番花まで楽しめたりいろんな新品種があったりと、まだまだ奥深い花です。

見かけたら是非お手に取ってみてくださいね♪

 

参考サイト

・原種系の育種で有名な、三宅花き園さんのサイト。

▶三宅花卉園 出荷カレンダー

 

・リグツ系のイメージを知れるコラム

▶フレネットヒビヤ福岡 「アルストロメリア リグツ」

 

 

▶『切花図鑑』カテゴリ一覧へ

 

花言葉を調べて花を贈りたい方におすすめのサービス!

花束やアレンジメントを贈るとき、花言葉がわかるといいな、と思ったことはありませんか?

お花屋さんの店頭で、サッと花言葉を調べられるLINE@のサービスをつくりました!

 

こんな感じで『(花名) 花言葉』と話しかけると、そのお花の花言葉が返ってきます。

花言葉

特徴は、お花屋さんに出回っている切り花のみに絞ってまとめられていること。

現代の私たちは、花を贈ろうと思ったらお花屋さんを利用しますよね。でも、お花屋さんに出回る切り花は、原産地も歴史もさまざま。古くからの花言葉本には載っていないものもあったりします。

花束やアレンジメントを贈るときに、それでは不便…ということで、現役のお花屋さん目線で、従来の花言葉本からピックアップしてまとめなおしました!

 

登録はコチラから★

ぜひご利用ください\(^o^)/