台風15号の被害を受けた花き生産者へのクラウドファンディング始まりました!
切花図鑑

【切花図鑑】キク|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

日本を代表する花といえば、キク。天皇家の紋章も菊ですし、古くから日本人に慕われている花の一つです。

葬儀やお供えにも使われるため、キクは切花の中では流通量トップです。

最近では、「葬儀・お供え」だけじゃない、カラフルで綺麗なキクもたくさん出回るようになりました。

今回はそんな「キク」にスポットライトを当ててみます。

キクってこんなお花!

キクの基本情報です。

キク

キクの基本情報

学名:Chrysanthemum morifolium
分類:キク科 / キク属
和名:菊 英名:mum(マム) 
原産地:中国

 

切花としては、1年中出回っているキク。品種にもよりますが、1本150円~500円程度で購入できます。

1年中出回ってはいますが、旬の季節は秋。切花でも、秋のキクは種類豊富で色のノリもよくなります。9月9日には”菊の節句”ともいわれる「重陽の節句」もありますね。

 

キクの種類をざっくり分けると、「和菊 ⇔ 洋菊」「スタンダード ⇔ スプレー」でジャンル分けできます。

一般的な一輪咲きタイプの菊は『輪菊』
一般的なスプレー咲きタイプの小さい菊は『小菊』
洋風の一輪咲きタイプの菊は『ディスバッドマム』や『マム』
洋風のスプレー咲きタイプの菊は『スプレーマム』

 

最近特にアツイのは洋風のキク(マムと呼びます)。様々な品種が登場しています。

 


スポンサードリンク




キクの切花の飾り方・日保ちについて。

キクの切花、日持ちはする?

スプレーマム

キクの切花は、「とても日持ちします!!」

もちがよいのが最大の魅力。極端に暑くない時期に室内に飾るのなら、2~3週間は平気でもちます。

暑い時期の墓地でもお供えに使えるのは「キク」だからこそ。葉っぱが先に傷んできても、花はキレイな状態だったりもします。

キクの飾り方・飾るときの注意など。

キク

キクを活けるときは、水につく部分の葉をキレイに取りましょう。脇芽のようについている小さい葉っぱも、付いたままだと水の中で腐り、水を汚す原因になります。

キク

茎はハサミで切るより、手で折るのがオススメ。水あげがよくなります。

ボキっと折って、繊維が出る感じにします。

キク

非常に丈夫で手がかからない切花です。水を定期的に替えて、その都度茎を手折りすれば、さらに長持ちします。

 

 

キクの花言葉は?

スプレーマム

花言葉は、『高貴』『高尚』『高潔』『逆境において快活』 など

天皇家の紋章になっているだけあって、高尚な花言葉がついていますね。

 

キクの種類の違いについて。

和菊と洋菊(マム)との違い

先ほど少しふれた、和菊と洋菊についてもう少し説明しておきます。

キクは中国が原産の花。日本には奈良時代に渡来したと言われています。その後長い年月をかけ、日本で改良されてきたのが和菊。

切花で言うと、「輪菊」「小菊」がそれに当たります。

↑葬儀やお供えでお馴染みのコレが「輪菊」。白、黄色、赤(えんじ色)などがあります。

↑こちらが「小菊」。お供え束に入っているのを見たことがありますね。こちらも白、黄色、赤などがあります。

 

それに対して洋菊は、原産地である中国から渡米・渡欧し、欧米で改良されてから、日本に輸入されたキクたちのこと。

切花では、ピンポンマムや大輪のクラシックマム、スプレーマムなどがそれに当たります。

↑まんまるで人気のピンポンマム。

スプレーマム

↑色とりどりのスプレーマム。

和菊の方が花もちは良いですが、洋菊は種類が豊富。今でも新品種が続々と作られています。

ちなみに切花の世界では、和菊のことは「キク」、洋菊のことは「マム」と呼ぶことになっています(いるはず)。

 

 

キクの豆知識いろいろ。

産地ナンバーワンは「愛知県」。

切花キクの出荷量ランキングは

1位 愛知県
2位 沖縄県

愛知県は全体の30%ほどのシェアを誇る、キクの最大産地です。

キクは日が短くなると花芽をつける短日植物なので、周年出荷するために、照明をコントロールした「電照栽培」で育てられています。

電照栽培については、こちらの→知多半島の紹介動画がわかりやすいと思います。

 

切花のキク、まとめ。

キク、まとめです。

・キクは日本を代表する花。皇室の紋章でもある!

・日持ちは抜群!活けるときは茎を手折りしよう。

・和菊と洋菊(マム)どちらもルーツは中国。欧米で改良されたものが「洋菊」

・葬儀やお供えだけじゃもったいない!ギフトや家庭用にもおすすめ。

 

葬儀やお供えのイメージが強いキクですが、洋風のマムを中心に、色とりどり美しい品種がどんどん出ています。

こんなにお手入れが簡単で日持ちもする花はそうそうありません。ぜひ、ギフトや自宅で楽しんでみてくださいね。