台風15号の被害を受けた花き生産者へのクラウドファンディング始まりました!
切花図鑑

【切花図鑑】ユリ|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

バラに次ぐ、切花の王様『ユリ』。

豪華なアレンジや花束には欠かせない花材のひとつです。色や種類も豊富で、花屋でも名前を覚えるのも大変なほど。

今回はそんな『ユリ』をご紹介していきます。

 

ユリってこんなお花!

ユリの基本情報です。

オリエンタルユリ

ユリの基本情報

学名:Lilium
分類:ユリ科 / ユリ属
和名:百合  英名:Lily 
原産地:アジア・ヨーロッパ・アメリカなど北半球の温帯

ひとくちに『ユリ』と言っても様々な種類があります。そのなかでも、花屋さんで切花として流通しているユリは主に以下の4種。

・オリエンタル系ユリ
・テッポウユリ
・スカシユリ&LAユリ
・原種系のユリ

それぞれの詳しい分類については、別記事にまとめました。興味のある方はどうぞ。

あわせて読みたい
オリエンタルユリとLAユリ、スカシユリの違いは?花屋さんのユリの種類、説明できますか?ユリといえば、豪華なお花の代表選手。ぱっと見れば「ユリ」とわかるけど、こまかい違いは意識していない方も多いのではないでしょうか。 ...

 

原種系のユリ以外の「オリエンタル系」「テッポウユリ」「スカシ系」のユリたちは、一年中出回っています。

品種によっても差がありますが、値段はだいたい

オリエンタル系:1本600円~2000円
テッポウユリ:1本300~600円
スカシ系:1本300円~500円

というところでしょうか。

いずれも入荷したときはつぼみの状態で、徐々に花が開いていきます。つぼみが多く、ゆっくり咲くのはオリエンタル系。スカシユリ系はつぼみが3~4輪のものが多く、咲くのが早めです。

 

 


スポンサードリンク




ユリの切花の飾り方・日保ちについて。

ユリの切花、日持ちはする?

「持ちがいい花はなんですか?」と言われたとき必ず「ユリ!」と答えるくらい、もちが良い花の代表。

ただし、「放っておいてずっとキレイな」持ちの良さではありません。

つぼみは下から順番に咲いていき、先端のつぼみまで(ほぼ)咲きますが、先に咲いた花は順に枯れていきます。

傷んだ花は切り落とし、新しく咲いてきたつぼみは花粉を取らねばなりません。放っておいてずっとキレイなわけではないのです。

「花を順々に楽しめる」という意味では、とっても持ちの良い花です。

水に浸かる部分の葉は取り除き、茎をななめにカットして活けましょう。

 

ユリを飾るときの注意は『花粉』。

ユリを飾る際に避けて通れないのが「花粉」と「香り」です。ひとつずつ解説しましょう。

まずユリの「花粉」。

ユリの花が咲いてくると、雄しべの先端に赤い袋のようなものがついているのが見えます。これは花粉がしまわれている「葯(やく)」。

時間が経つと葯が破れて花粉が出てきます。この粉が洋服につくとなかなか落ちない厄介者。

ユリの花粉

お花屋さんでは花粉は取り除いて販売していますが、売るときにつぼみの状態だった花の花粉までは取れません。

花粉がついていたって別にいいのですが、手に付いたり服に付いたり床に落ちたり何かと面倒なので、取り除くことをおすすめします。

取り除くときは、まだ粉の出ていない状態で取り除くのがおすすめ。

つぼみが開いて花粉が見えたら、早めに取り除きましょう。

ユリは『香り』にも注意。

ユリは芳香の強い花です。

香りの強さは

オリエンタル系>>テッポウユリ>スカシユリ(ほぼ芳香なし)

オリエンタル系の大型のユリはかなり強い香りがあります。狭い場所に飾る際は、やや注意が必要。病室へのお見舞いなどには避けた方が無難です。

ただ、この香りが大好き!という人もいて、ユリの魅力のひとつではあります。強い香りがあるということをふまえて、楽しみましょう。

 

 

ユリの花言葉は?

花言葉は、『純粋』『愛らしさ』『威厳』 など

ギリシャ神話やキリスト教でも重要な位置づけをされています。キリスト教では、白いユリは聖母マリアの象徴。

そこから、清純、純潔、母性などのイメージが花言葉に結びついているようです。

色別の花言葉もあります。

白:純潔・威厳

赤:虚栄心

オレンジ:華麗


黄:偽り

 

 

気になる!品種いろいろ。

八重咲きのオリエンタルユリ

最近話題になったのは、「オリエンタルユリの八重咲き」。市場でも見かけることが増えてきました。

八重咲きユリ

うーん、すごいインパクト。

八重咲きは雄しべが変化したものなので、花粉がないものが多いのも、切花としては使いやすいですね。

 

季節限定!楚々とした原種系ユリ

あまり店頭には並びませんが、6~7月限定で出回る「原種系のユリ」の仲間があります。

ササユリ

日本固有の種である「オトメユリ」「ヒメユリ」「ササユリ」「竹島ユリ」など、いずれも小型で楚々とした雰囲気のあるユリです。

通年出回るオリエンタルユリなどとは、まったく違うタイプの魅力があります。

生産者も少なく、価格も小さい割には高価。なかなか店頭には並びづらいのですが、みつけたらぜひ飾ってみてほしいです。

 

 

 

合わせたいお花、おすすめの使い方。

品があって高級なギフト。

ユリ

ユリのイメージはやっぱり「高級」「品格」。目上の人に贈るギフトや、あらたまった贈りものに使うのがおすすめです。

また、白のオリエンタルユリやテッポウユリは、お悔やみや仏用にも使われます。高級感を出すフォーマルなアレンジに鉄板なのです。

 

ユリに合わせたいお花は?

品があって大きなユリに似合うのは、ランやバラやトルコキキョウなどの華やかな花。小花や野草のような雰囲気の花より、高級感で攻める方がおすすめ。

花はユリだけにして、おおぶりな枝物や葉物を合わせるのも素敵です。

 

咲くのに時間がかかります→ギフトはぜひ予約を!!

市場で流通している切り花のユリは、ほぼつぼみの状態です。つまりお花屋さんが仕入れてくるとき、ユリはほぼつぼみなのです。

ユリを使った花束の予約が入っている場合、花屋は少し前にユリを仕入れ、1輪めを咲かせて花束をつくったりします。

ウエディングブーケにユリを使うときなんかは、もっと大変。1週間前から何本もユリを咲かせ、一番きれいに咲いた花を使うのです。

急遽入った注文だと、咲いてるユリがない~!なんてこともあり。ユリを主役にした花束を贈りたい!というときは、1週間前くらいに予約をしてもらうとありがたいのです。

切花ユリの有名産地は?

オリエンタルユリで有名なのは、新潟県の津南。高知県の高石など。

スカシやLAユリで有名なのは、埼玉県の深谷など。

1年を通じて必要とされるユリは、日本全国に生産地があり、季節ごとに出荷がリレーされていきます。

 

切花のユリ、まとめ。

切花のユリ、まとめです。

・お花屋さんに売られているユリは「オリエンタル系」「テッポウユリ」「スカシユリ系」がある。

・つぼみまで咲くので長く楽しめる!

・咲いたら花粉は取り除きましょう

・香りが強い種類もあるので、使うときは注意。

 

歴史もあって、みんなが知っている花のひとつ『ユリ』。いつでも手に入る定番の花ですが、新しい品種も次々生まれています。

あらためて向き合って飾ってみると、新鮮な発見もあるはず。ぜひ飾ってみてくださいね。