花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
切花図鑑

【切花図鑑】アスチルベ|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

野草風の細かい花が、和風にも洋風にも似合うアスチルベ。

ナチュラル志向のアレンジやブーケに人気の花材です。今回は『アスチルベ』をご紹介します。

アスチルベってこんなお花!

アスチルベの基本情報です。

アスチルベの基本情報

学名:Astilbe
分類:ユキノシタ科 / チダケサシ(アスチルベ)属
和名:アワモリショウマ 英名:Astilbe 
原産地:東アジア(日本、朝鮮半島、中国)、北アメリカ

真夏以外は出回っていますが、旬の時期は初夏。出回り量も3月~6月頃にかけてふえていきます。価格は1本200~300円くらい。

色は、ピンク・白・濃い赤など。最近は染めたものも登場しています↓↓

産地は長崎県や栃木県など。


スポンサードリンク




アスチルベの切花の飾り方・日保ちについて。

アスチルベの切花、日持ちはする?

アスチルベの日持ちは普通…ですが、やや水あげが難しい印象があります。

ふわふわとした花が茶色っぽくなったり、このように先端がくたっとなってしまったら終わりのサイン。

水がややあがりにくいので、生花店では水切り・湯上げなどをします。多すぎる葉は間引いておきましょう。

アスチルベの飾り方・飾るときの注意など。

縦長の円錐状に花穂がつくので、長いまま使うことが多いと思いますが、こんなふうに切り分けることもできます。

短く切ると水あげも良いので、家庭で楽しむときは小さく切って活けるのも良いかもしれません。葉も長持ちします。

茎はななめにカット。できれば水の中で切る「水切り」をするとなお良いです。

 

アスチルベの花言葉は?

花言葉は、『恋の訪れ』『気まま』『控えめ』『明るさ』 など

属名である「アスチルベ」はギリシャ語で a(欠く) stilbe(輝き)。つまり、あまり輝くことなく目立たない花、の意味なのだそう。

たしかに地味かもしれないけど、今では品種改良もすすみ、赤やピンクなど美しい品種も多くなっています。

 

アスチルベのマメ知識

日本出身・ヨーロッパ育ち

アスチルベの仲間は、日本や中国などに自生していますが、ヨーロッパには自生種がありませんでした。

19世紀にこれらがヨーロッパに導入されます。20世紀初頭には、日本種と中国種を交配して園芸品種の改良が進みました。

日本にそれらが逆輸入され、楽しまれるようになったのは第二次世界大戦後。西洋アジサイなどと同じように、日本原産の植物がヨーロッパで改良されて逆輸入されているパターンの植物なのです。

 

切花のアスチルベ、まとめ。

アスチルベ、まとめです。

・ふわふわ小花が円錐状につく、初夏の花。

・白・ピンク・赤などの色がある(最近は染めもある!)

・水がややあがりにくいことがあるので、お店では湯上げなどの水あげをする。

・もとになった原種は日本にあるが、ヨーロッパで園芸用に品種改良されて逆輸入された。

 

主役にはなりにくいけれど、野趣あふれるアレンジに重宝されるアスチルベ。家庭でも飾りやすい手頃な花なので、見かけたらぜひ手に取ってみてください。

関連記事

イギリス王室のウエディングブーケでも白いアスチルベが使われていました!
ヘンリー王子&メーガン妃の結婚式!ウエディングブーケは何の花?

 

写真でわかる!切花図鑑のもくじはこちらのページからどうぞ↓↓