花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
上手に花を買うには

合わせてアレンジ上手★ひなまつりの『桃』に合わせて飾りたい切花5選!

3月3日は、ひなまつり。

『桃の節句』ということで、お花屋さんではひなまつり用のアレンジやブーケが並ぶ季節です。

出来合いのものではなく、自分でお花を選んで飾りたい!と思ったとき、どんな組み合わせにすればよいか迷ったことはありませんか?

桃の節句だから桃の花は入れるとして、あとは何を合わせたらいいんだろう…?

そんなときは「コレ」を入れれば間違いなし!「ひなまつりらしい」組み合わせにできる花を、お花屋さん目線で5つ選んでみました。

桃の枝を買って、この5つから2種くらいを選んで合わせれば、バッチリひなまつりアレンジの完成!花選びに迷った際の参考になれば幸いです。

 

菜の花

桃に合わせるひなまつりの花ナンバーワンは『菜の花』。この時期に合わせて多く出回ります。

葉っぱや茎の爽やかな緑色、花の明るい黄色が、ピンクの桃に合わされば、あっという間にひなまつりアレンジが完成です。


スポンサードリンク




もうひとつ、ひなまつりアレンジに欠かせない脇役が『麦』。地味なんだけど、これを入れると一気に爽やかさが増します。

ひなまつりに飾る菱餅も「ピンク、白、緑」の3色ですし、「明るい緑色」を入れるのがひなまつりアレンジのポイントです。

スイートピー

桃に合わせる手ごろな花材といえば、なんと言っても『スイートピー』です。

ピンク、白、クリーム色、黄色、淡い紫などが、桃のピンクとは好相性。

桃の枝がまだつぼみで、ピンクの色合いが足りないなあ…というときなんかにとっても重宝します。

春らしく、蝶々のようにフリフリした可愛い花は、女の子のお節句にぴったり。

 

ラナンキュラス

主役級の花を入れたい、と思ったとき選びたいのは『ラナンキュラス』。

たっぷりの花びらが重なるロマンチックな花姿は、女子の人気度高めです。ふんわり柔らかなイメージと、パステル系の色合いが豊富なことも、桃の枝に合わせやすいでしょう。

チューリップ

もうひとつ主役級を挙げるならば『チューリップ』でしょう。

こちらも春の代表といえる花ですし、色も豊富。咲き方でいろいろイメージを変えられます。

まるっこくギュッとしたアレンジには、ぽってりした八重咲きのチューリップを。

桃の枝ぶりをいかして大きめに活けるなら、すっとしたユリ咲きのチューリップで動きを表現するのもよいでしょう。

 

ポイントは「春」「パステルカラー」「ピンク・白・黄色・黄緑」

 

まとめです。

ひなまつり風の組み合わせを考えるときのポイントは

・春が旬の花を使う

・ビビットよりも、パステルカラー

・ピンク、白、黄色、黄緑を入れる

以上のことを意識すると、ひなまつり感が出やすいです。カラーパターンとしては、黄緑を入れるのがポイントかも。

よかったら、花選びの参考にしてみてくださいね。

 

ひなまつりの本来の意味とは?桃の枝を飾るのにはどんな意味がある?ひなまつりの基本はこちらの記事にまとめました。

あわせて読みたい
3月3日は『ひなまつり』。桃の節句の意味とは?【お花屋さんの花行事】3月3日は『ひなまつり』。 『桃の節句』というだけあって、日本古来の行事の中でもお花屋さんに関係ある行事のひとつではないでしょうか...