知りたい花言葉をすぐに調べられる!LINE@はじめました
上手に花を買うには

春しか楽しめない!香りのよい春の切花5選

まだまだ寒い1月~2月。お花屋さんでは春の花たちが旬を迎えます。

春の花の魅力のひとつは、香りのよい花が多いこと。

春にしか出回らない、かつ、良い香りの切花をピックアップしてご紹介します。

 

スイートピー

春限定のスイートピー。ふわふわしたロマンチックな花が人気の春の花です。

入荷したてのスイートピーをふんわり開いたときの、甘酸っぱい香りがたまりません。

ピンク、紫、クリーム色などの「染めていない色」の方が香りが強い印象です(個人の感想)。

香りは柑橘を思わせる爽やかな香りのものが多いです。原種に近いものの方がフルーティな香りが強いそう。

ある程度の量があった方が香りは感じやすいので、10本くらい束ねて顔をうずめてみてください。幸せなな気分になること間違いなし…!

 


スポンサードリンク




フリージア

1本でも充分な存在感ある香りはフリージア。黄色、白、紫、赤などいくつか品種はありますが、黄色の品種が一番香りは強いと思います。

フルーティで甘酸っぱい香り。黄色の代表品種「アラジン」などは特に香りを感じやすいです。甘ったるくない爽やかな香りは、香りが苦手な人でも楽しめるのではないでしょうか。

連なったつぼみも順々に咲いてきますので、長く香りが楽しめます。

ヒヤシンス

咲いてくると、部屋いっぱいに香りを漂わせるヒヤシンス。「グリーンノート」と呼ばれる青葉の香りを思わせる爽やかな香りが特徴です。

咲き進んで、花が終わる直前が一番香りが強いです。お花屋さんではつぼみで売っていることが多いので、開いてくる花と共に楽しめます。

 

ニホンスイセン

お正月の花の定番でもある日本水仙。春の花としては出回りが早く、年末に多く出回ります。

寒い空気に似合う、すっきりした甘い香り。ジャスミンやロウバイを思わせる香りです。

切花のスイセンは他にもいろいろな種類が出回りますが、ニホンスイセンが一番香りが強いと思います。

 

リューココリーネ

あまり馴染みがない方も多いと思いますが、香りの強さと独特さでぜひ取り上げたいリューココリーネ。

花は小ぶりながら、香りの存在感はすごい。「桜餅の香り」「バニラの香り」などと称される甘い芳香です。

2月~3月に多く出回りますので、見つけたらぜひ鼻を近づけてみてください。

 

まとめ:春の花は香りも楽しもう!

香りが強い、おすすめの5種をあげてみました。どれも1月~3月にお花屋さんで手に入りやすいものばかりです。

切花の香りをより楽しむコツは、同じ花をまとめて飾ること。少し狭い部屋に飾ってみること。

ご家庭なら、玄関やトイレなどの空間に飾ってみると、より香りを感じることができると思います。

フレッシュな香りは、プリザーブドフラワーや造花ではマネできない生花の良さのひとつ。春の香る切り花は値段もお手頃ですので、ぜひ楽しんでみてください。

 

あわせて読みたい
花の名前、わかりますか?お花屋さんでよく見る花10選【春~spring~編】 お花屋さんで花束を頼もうと思っても、花の名前がわからない。知りたくても、名前が書いてない…。 お花屋さんで花を買おうと思っ...