花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
花の買い方【基礎】

【印象的な花贈り】1種類の花でつくる「単品花束」がおすすめです

贈りものの花束というと、どんな花の組み合わせを思い浮かべますか?

真っ赤なバラとカスミソウ?色とりどりの花を多種類組み合わせたブーケでしょうか?

最近の花束の流行は、いろんなお花をミックスしたスタイルが主流。「3000円くらいで、おまかせで」と頼めば、何種類かのお花が入った花束を作るお花屋さんが多いでしょう。駅のお花屋さんの作り置きブーケなどもそんな感じです。

これはこれで素敵なのですが、1種類の花を束ねて作る「単品花束」の良さもぜひ伝えておきたいもの。

インパクトある花贈りをしたい方は、1種類の花でつくる単品花束をぜひ検討してみてください。単品花束の魅力と、注文の際の注意点などをまとめてみました。

 

1種類の花でつくる単品花束の魅力

単品花束の魅力とはなにか。ひとつずつ見てみましょう。

インパクトがある

やっぱり定番は赤バラだけを束ねた花束

「赤いバラ100本のブーケ」のように、同じ花をぎゅっとたくさん集めた花束はインパクトが大きいです。

100本とまでいかなくても、10~20本でも充分な存在感。

「なんとなく花束をもらった」というのではなく「バラをもらった」「チューリップをもらった」として、印象に強く残るでしょう。

好きな花や、季節の花、思い出の花など、その「花」に意味を込めて贈ることができるのもいいですね。

 

種類を選べば、リーズナブルに作れる

リーズナブルなガーベラは予算が少ないときの救世主

種類にもよりますが、単品花束はインパクトがあるわりに安く作れます。予算が少なくても印象的なブーケを作れるので、コストパフォーマンスがとてもよいです。

たとえば1500円のブーケ。

いろんな花を入れて作ると、コンパクトで当たり障りのないミニブーケ風になるでしょう。

でも、150円のガーベラを10本束ねたらどうでしょうか。同じ予算でぐっと印象に残る「ガーベラのブーケ」になりますね。

1本1000円のユリと他の花を入れて2000円の花束を作るのはちょっと厳しいけど、ユリ2本だけを潔く束ねて贈れば、同じ値段でスタイリッシュな「ユリの贈りもの」に。

予算がないときにこそ、単品花束は心強い味方です。

手入れが同じなので、飾るのが楽

いろんな種類が入っていると手入れも複雑

色んな花が入っている花束は、枯れてくるスピードもバラバラ。

あちこちに分けて飾ったりするお花好きの人には良いですが、バサッとそのまま飾るなら単品花束は手入れが楽ちんです。

フローリストの腕やセンスに差が出にくい。

チューリップだけの花束。いろんな色をミックスで。

これはまあ大きな声では言えない話ですが…同じ花を束ねるだけなので、腕やセンスの差が出にくいのも良いところのひとつです。

例えば全国ネットワークなどで別のお花屋さんに頼むとき、なるべく思い通りのお花を届けたいから単品花束にする、というお客様もいらっしゃいます。

いろんなお花をミックスする花束は、センスや個性が出やすいということですね。


スポンサードリンク




多種類の花をミックスした花束が人気なのはなぜ?

作り置きの花束やミニブーケを見ても、最近は色々な花を組み合わせるのが当たり前になっています。ひとことで言えば「流行」のひとつなのでしょう。

昭和のころは「バラとカスミソウ」みたいな単品に近い花束が主流でしたし、「カスミソウだけ」「カサブランカだけ」みたいな花束が流行った時期もあります。

また、昔に比べてたくさんの種類の切花が流通しているというのもあります。お花の種類がふえたから、いろいろ組み合わせて束ねることができるようになったのですね。

 

フローリストとしては、組み合わせる楽しさ・センスの見せ所です。その花屋さんの組み合わせ方が好きだから買う、という人も多いでしょう。

色々な花を在庫しているお花屋さんの場合、バランスよく在庫を使いたい、という思惑もあります。

単品花束を注文するときの注意点

スタンダードとスプレー咲きを混ぜたバラの花束はボリュームも出やすい

そんな素敵な単品花束ですが、注文の際には1点注意があります。

 

それは、

事前に予約が必要です!!

ということです。

 

「バラ20本の花束、いま欲しいんです」というお客さん、いるんですよね。

花屋からすると、「ああ、どうして数日前に言ってくれないの…」と思いながら泣く泣く断ることもあります。そんな急に言われても、在庫がないんですよ。

ミックスしてつくる花束の場合、店頭に在庫している花をうまく組み合わせて予算内の花束をつくることはできます。一方、単品10~20本でつくる花束は、それに応じた仕入れが必要です。

運良くたまたま在庫があって作ってもらえることもありますが、バクチのようなものです。

単品花束を作ってもらいたい場合は、1週間くらい前までに花屋さんに相談しましょう。

相談に行ったときに店にあるものや、季節のおすすめなどを聞くと、その時期に手に入りやすい、いいお花をおすすめしてもらえるはずです。

逆に言えば、事前に注文してもらえばほぼ間違いなく、良いものが用意できるのです。

 

―――――

ご予約をいただいて、ホワイトデーに作ったブーケ。「アネモネだけで」というご指定でした。

うーん、可愛い!こんなのもらったら嬉しいよね。

まとめ

ちょっとした工夫と事前の準備で、予算がなくても思い出に残る花束は作れます。

私が花屋の仕事をしてきて印象に残っている中でも、

・敬老の日に贈る、コスモスの花束

・スイトピーだけを50本束ねた、春の香りのブーケ

・秋が誕生日の人へ、ススキを50本束ねた迫力花束

・白いチューリップだけを束ねたブーケ

・ヒマワリだけを30本束ねた夏の花束

…などなど、記憶に残る花束がたくさんあります。

1種類の花を束ねてつくる「単品花束」は印象的な花贈りの強い味方。ここぞ!というときはお花屋さんに相談してみてくださいね。