花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
トピックス

【11月のお花屋さん】おすすめの旬の花・誕生花・イベントまとめ

11月のお花屋さんでは、どんな花が旬を迎えるの?誕生月の花は何を選ぶ?

お花屋さんの店頭から、11月の見どころをレポートします。

11月にお花を贈る予定のある方も、自宅で花を楽しみたい方も。

お花屋さん視点でポイントをおさえてみると、お店に立ち寄るのが楽しくなるはず。さあ、11月の花屋さんをのぞいてみましょう。

11月の誕生花 * ダイヤモンドリリー・バラの実・ガーベラなど

11月におすすめの花材 〜アンティークカラーが似合う花〜

ぐっと冷え込みが増して、少しずつ冬の足音が聞こえてきました。慌ただしい年末まであと少し。

ここでひとつ、呼吸を整えて、忙しくなる年末に備えてみてはいかがでしょうか?

ファッションやコスメでも、上品で落ち着いた色味が人気のシーズン。周年とおして出回るおなじみの花でも、色味を意識するとぐっと秋らしさが楽しめます。

それでは、11月におすすめの花材をご紹介しましょう。

バラ

1年を通じて流通している花ですが、本来のバラの旬は春と秋。特に気温が下がり始めた秋のバラは色ののりもよく、しっかりとした品質のものが多いです。

華やかさと上品さを併せ持った「ラプソディ」「ガブリエル」など、少し落ち着いたグレイッシュな色味の品種は、冬に向かう季節にぴったり。

ペールトーンのユーカリや、ラムズイヤー(シロタエギク)を合わせると、おしゃれな花合わせになります。

暖色系の色味では、少しブラウンがかったような、アンティークカラーも人気。

「キャラメルアンティーク」「アンティークレース」など、名前も秋に似合いそうな品種も沢山あります。

こちらは、秋の紅葉したキイチゴ(ベビーハンズ)や、ディアボロなど、ブラウン系の葉物や枝物、赤く色付いたバラの実と合わせると、暖かい雰囲気の花生けが出来ます。

あわせて読みたい
お花屋さんで手に入りやすい『紅葉が美しい秋の枝物』9種まとめ10月を過ぎると、お花屋さんの秋も深まってきます。色とりどりの木の実や秋冬の素材が並び、色づいた葉を楽しむ「紅葉がきれいな枝物」が活躍す...

ネリネ・ダイヤモンドリリー

曼珠沙華(ヒガンバナ)に良く似た花姿のネリネは、けして大振りな花ではありませんが、ユリが沢山咲いたような小花が特徴のお花です。

ネリネの中でも『ダイヤモンドリリー』は、キラキラして更にゴージャス!

切花では、葉が付いていない、すらっとした花姿。高さを変えて数本飾ったり、小さな花瓶をいくつか並べていけても可愛いお花です。

あわせて読みたい
よく似てる!「ネリネ」「リコリス」「ダイヤモンドリリー」、違いを説明できますか?秋になるとお花屋さんに並ぶよく似た3つのお花に、 「ネリネ」「リコリス」「ダイヤモンドリリー」 があります。 ...

ネイティブフラワー

ネイティブフラワー

ネイティブフラワーとは、別名「ワイルドフラワー」とも呼ばれており、オーストラリアやニュージーランド、南アフリカなど、南半球に自生する花々のこと。

とても個性的な容姿のお花が多く、インパクトは抜群!

主な品目は、普通の花では見られない大きさのプロテア。葉っぱのようにもお花のように見えるリューカデンドロン、ガンマイクのような形のバンクシア。

名前の通り「針山」を思わせるピンクッション。ダイアナ妃のウエディングブーケにも使用されたセルリア。裏表で色が違うグレビレアなど。

あわせて読みたい
【花屋の徹底解説】ネイティブフラワーってどんな花?種類は?ドライフラワーになる?『ネイティブフラワー』。 お花好きな方なら、最近よく聞くワードなのではないでしょうか。 これが花?と思うような個性的な姿。人...

ドライにすれば花瓶の水換えも不要なので、茎をカットして、花だけを飾ることも出来ます。

今のうちにドライにして、クリスマスのリースや、スワッグの材料にするのも楽しいですね。


スポンサードリンク




11月の風物詩 ~11月のイベント~

いい夫婦の日(11月22日)

今ではすっかりお馴染みの記念日「いい夫婦の日」。一般的に認知されるようになったのは2000年代に入ってから。

語呂合わせで覚えやすく、結婚記念日にされている方も多いのではないでしょうか?

(ちなみに、1年で一番結婚記念日が多い日は7月7日。いい夫婦の日は、それに次ぐ第2位だそうです。)

大切なパートナーの方を想って、お花を選ぶ方も多い日です。

あわせて読みたい
11月22日『いい夫婦の日』花束にオススメの花5選!【お花屋さんの花行事】こんにちは。お花に関係する行事をご紹介する【お花屋さんの花行事】のコーナーです。 お花を楽しむ人には、季節ならではのお花を逃さず楽...

やっぱり人気はバラの花束。王道の赤や、お好きな花や色で選ばれる方が多いのですが、毎年のことになると、迷ってしまう方もいますよね。

そんなときは、香りに注目して品種を選んでみてはどうでしょう。香り高いバラの花束は、視覚だけではない思い出が演出できるかも。

香りのバラでお馴染みなのは、「イブピアッチェ」。濃いピンクで、大きく開いてくる華やかな新種です。

名前に「イブ」と付く品種は、枝変わり品種で、どれも香り高いことが特徴。終わってから、ポプリにしても香りが長持ちします。

芸術祭・発表会

今年は少ないかもしれませんが、「芸術の秋」は、発表会が多い季節。特に週末は、ホールや劇場近くのお花屋さんは忙しい季節です。

一言で「お花を贈る」と言っても、舞台上でお渡しするのか、控室で飾ってもらうのかなど、貰った方が喜んで受け取って頂ける姿を想像してオーダーしましょう。

お花はその日の入荷に寄って異なりますので、お花屋さんで実際に見て、イメージや状態を確認して選ぶと、その時の一番良いお花でご用意出来ると思います。

お花屋さんの混雑状況や、ブーケにする制作時間も考慮して、少し早めに来店されることをおすすめします。

11月の花屋さんは、繁忙期前のお買い得月

様々な行事がある時は、お花の入荷も多い時。ご自宅用でのお使いも、たくさんのお花との出会いから選ぶ楽しみがあります。

また、来月12月は、お花屋さんにとって繁忙期に入ります。

5月の母の日に、カーネーションの値段が高騰するように、クリスマスや年末が近づくと、お花の値段も変わります。

今の時期は、少しお手軽に花を楽しめる季節でもあります。

美味しいスイーツと、暖かいお茶など用意して、お花と一緒にゆっくりした時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

忙しくなる前のエネルギーチャージが出来ますよ!