花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
切花図鑑

【切花図鑑】スナップ(キンギョソウ)|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

スナップ

春に馴染み深い「キンギョソウ」。切花ではストックと間違われたりしますが、すっと伸びた縦長の花姿は、大型アレンジや花束に欠かせない春の花です。

今回は『スナップ(キンギョソウ)』について解説します。

スナップ(キンギョソウ)ってこんなお花!

スナップ(キンギョソウ)の基本情報です。

スナップ

スナップ(キンギョソウ)の基本情報

学名:Antirrhinum majus
分類:オオバコ科 / キンギョソウ(アンティリナム)属
和名:金魚草  英名:スナップドラゴン 
原産地:地中海沿岸地方

12月~3月頃まで出回る春の花。切花は1本200~400円ほど。

色はオレンジ・黄色・赤・白・ピンクなど。黄色やオレンジなどはビビットな色合いが特徴です。

ストックと間違われやすいのですが、ストックはスプレー咲きもあるのに対して、スナップは1本ものだけ。すっと伸びたまっすぐな形は、ラインフラワーとして大型のアレンジやスタンド花に重宝します。

>>【切花図鑑】ストック|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方


スポンサードリンク




スナップ(キンギョソウ)の切花の飾り方・日保ちについて。

スナップ(キンギョソウ)の切花、日持ちはする?

スナップ

寒い時期に出回るので、日持ちはそれほど悪くありません。しっかり水あげしてあれば、1週間程度はじゅうぶん楽しめます。

下の花から順に枯れてくるので、枯れた花は取り除き、少しずつ短くして飾るとよいでしょう。似ているお花のストックと違って、枯れた花がパラパラと散ることもありません。

スナップ(キンギョソウ)の飾り方・飾るときの注意など。

葉がたくさん付いている場合は、下の方の葉は取り除きましょう。茎はななめにカットして活けます。

 

スナップ(キンギョソウ)の花言葉は?

スナップ

花言葉は、『おしゃべり』『でしゃばり』『うぬぼれ』『推定』 など

 

 

スナップ(キンギョソウ)の豆知識いろいろ。

名前の由来は「噛みつく竜」?

切花では「キンギョソウ」より「スナップ」と呼ばれることが多いのですが、これは英名である snap dragon から来たもの。

snap dragonは直訳すると「噛みつく竜」。日本名の「金魚」とはずいぶんな違いですね。

どのへんが噛みつく竜なのかというと…

スナップ

花を一輪取ってみると、

スナップ

パクパクと、口のように開くのがわかります。

これが「噛みつく竜」の由来。日本語と英語でこんなにイメージが違うのも、不思議なものですね。

切花のスナップ(キンギョソウ)、まとめ。

スナップ(キンギョソウ)、まとめです。

・12~3月に出回る春の花。

・まっすぐなラインフラワーとして使われる。

・黄色・オレンジ・赤・ピンク・白など、色数は豊富。

・英名はスナップドラゴン=「噛みつく竜」。花の形が名前の由来。

あまりメジャーではない花かもしれませんが、送別会の花束・卒業式の壺花・スタンド花・春彼岸の仏花などにとても重宝する花。きっとどこかで見たことがあるはずです。春の花シーズンにはぜひ注目してみてくださいね。

関連記事

【送別会 / 卒業式】花屋が選ぶ、送別に贈りたい花言葉をもつ花10選【感謝・お疲れさま・門出】

春しか楽しめない!香りのよい春の切花5選

 

>>ほかの春の花を見てみる

写真でわかる!切花図鑑のもくじはこちらのページからどうぞ↓↓