花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
切花図鑑

【切花図鑑】アジサイ|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

アジサイ

梅雨どきの花として、日本人にはお馴染みの「アジサイ」。

多く出回るのは鉢物ですが、旬の時期には切花も出回ります。

流行りの秋色(アンティークカラー)アジサイとは違って、旬の時期のアジサイはみずみずしくフレッシュな印象。

今回は、そんなアジサイをご紹介します。

アジサイってこんなお花!

アジサイの基本情報です。

アジサイ

アジサイの基本情報

学名:Hydrangea macrophylla
分類:アジサイ科 / アジサイ属
和名:紫陽花・七変化・八仙花  英名:Hydrangea 
原産地:日本・東アジア / 北米

 

青や紫、ピンク色のアジサイは、梅雨の代名詞。活け込みや茶花に使ったりと、季節を楽しむ切花。

アジサイの切花自体は、輸入品もあるので一年中出回っており、いつでも手に入れることができます。特に白やグリーンは婚礼の需要もあるので年間通じて手に入ります。(ふつうのお店にはあまり並ばないと思いますが)

一般的な生花店によく出回るのは5~6月。国産の旬のアジサイは切花というより枝ものという感じで、出回る時期も短く、量も少ないと思います。

価格も様々で、短い枝のものなら1本数百円から。大きな枝ぶりのものは高価になります。

 

梅雨明け~晩秋ころまで店頭に並ぶのは「秋色アジサイ」。色が変化したアジサイは、水分量が少なく萎れにくく、切花としての人気が高まっています。ドライにもなるので、リースや小物づくりにも使いやすいですよ。

こちらはわりと高級品で、1本1500円~3000円くらいするものも。

あわせて読みたい
秋色紫陽花
【切花図鑑】秋色紫陽花(アジサイ)|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方最近にわかに注目を集めている秋の花『秋色紫陽花(アジサイ)』。 ドライフラワーの流行もあり、お花屋さんで見かけることも増えてきまし...

 

ちなみに、アジサイと秋色アジサイは同じ植物。秋色になる仕組みについてはこちらの記事に詳しくまとめました。

あわせて読みたい
紫陽花(アジサイ)が秋色になる仕組みとは?お花屋さんに出回る秋色紫陽花の種類を解説!秋になるとお花屋さんに出回る、グリーンや渋い色の紫陽花のなかま。 最近はドライフラワーも流行っているので、見たことがある方も多いの...

スポンサードリンク




アジサイの切花の飾り方・日保ちについて。

アジサイの切花、日持ちはする?

アジサイ

アジサイの切花は、「フレッシュな状態か」「秋色に変化したものか」によって、日持ちがぐっと変わります。

フレッシュな状態のアジサイは、水あげがやや難しい。うまく水があがらないと、くしゃっと花がしおれてしまいます。

しおれてしまったアジサイ

 

一方、しっかりと秋色に色づいたアジサイは、水分量が少ないためしおれにくく、とても日持ちします。

そのままドライになる秋色アジサイ

 

秋色アジサイは「しおれる」というより、そのままドライになってしまう感じですね。

 

アジサイの飾り方・飾るときの注意など。

アジサイ

アジサイを活けるときは、木質化した茎の部分を残して活ける方が長持ちすると思います。(短く飾るときなどは、切ってしまっても大丈夫です)

アジサイ

茎をナイフなどでなるべく斜めにカットして活けます。

中心の白いふわふわしたワタの部分を取り除きましょう。

木質化した茎が太い場合、木の皮を削ぐようにして水あげすることもあります。

 

 

アジサイの花言葉は?

花言葉は、『移り気』『冷酷』『無情』『辛抱強さ』 など

アジサイは花色が変化することから、昔からあまり良い意味で使われてこなかった歴史があります。『冷酷』という花言葉も、涼しげな花色からついたものでしょう。

花言葉を気にすると贈りづらいものですが、花屋としては、初夏の美しい花をぜひ楽しんでほしいなあと思います。

 

アジサイの豆知識いろいろ。

アジサイの本当の花はどこ?

ここまで「アジサイの花」と説明してきましたが、じつは私たちが思っているアジサイの花は花じゃないのです。

アジサイの本当の花には「装飾花」と「両性花」の2種類があり、どちらも我々が「花」と思っている部分とは違う場所。

 

私たちが「花」と思っているピンクや水色の部分は、萼片(ガク)が大きくなったもの。

アジサイをじっくり見る機会があったら、本当の花も探してみてくださいね。

 

切花のアジサイ、まとめ。

アジサイ、まとめです。

・フレッシュなアジサイと、秋色に変化したアジサイがある。

・輸入品もあるので、(あまりお店には出ないけど)年間を通じて出回っている。

・活けるときは茎をできるだけ斜めにカット!中の白いワタを取るとよい。

・あんまりよい意味の花言葉じゃないけど、気にしないで飾ってほしい!!

 

梅雨の季節に涼しげな景色として愛されるアジサイ。コツをつかめば、切花で長く楽しむこともできるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。