花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
切花図鑑

【切花図鑑】バラの実|お花屋さんで買えるバラの実、どんな種類がある?見分け方解説!

秋が旬の切花はいろいろありますが、赤く色づいたバラの実もそのひとつ。

10月~11月頃になると、いろいろなバラの実が切花として市場やお花屋さんに並びます。

そのなかでもよく見かける種類のバラの実を、見分け方と合わせてご紹介します!

 

大きな枝ぶりに鈴なりになる実が可愛い!『スズバラ』

9月下旬~10月の比較的早い段階で出回り始める、実の大きなタイプのバラの実は『スズバラ』

ぷっくりしたアーモンド形の真っ赤な実と、鈴なりに実る様子が迫力満点。

スズバラの実 スズバラ

実の付いている枝を小さく切って活けてもよいですが、やっぱり枝ぶりを生かして豪快に飾るのが魅力でしょうか。


スポンサードリンク




ワイルドな枝ぶりと小さな実が特徴!『ノバラ』

バラの実の中では、小さな実の種類の『ノバラ』。野バラはバラの原種で、白い小さな花を咲かせます。

豪快な枝ぶりは大きく活けても素敵。いけばなや和風の活け込みにも活躍します。

まだ実が青いうちから出回りますが、秋も深まると赤く色づいたものがお店に並びます。しっかり赤く熟したものは、形も崩れずにドライになります。

左はドライになってしわしわになってきたもの。

しわしわになるものと、ならずにキレイにドライになるものがあり、たぶん熟し具合の差なのだろうと思います。

使いやすい品種いろいろ!観賞用バラの実。

ブーケやアレンジに使いやすいサイズで、観賞用のバラの実も色々な種類が出回るようになりました。

多く出回る小ぶりなバラの実『センセーショナルファンタジー』(写真上)や、『ジャイアントファンタジー』『アメージングファンタジー』オレンジ色が強くぷっくりした実が可愛い『パンプキン』など。

ノバラの実と比べると実は大きいですが、枝ぶりがおとなしく、小さな花瓶にも活けられる手軽さが嬉しいですね。

 

切花のバラの実、まとめ。

バラの実

お花屋さんで買える『バラの実』の見分け方、まとめです。

・大きな枝ぶりで出回るのは『スズバラ』と『ノバラ』。

・ノバラは実が小さいのが特徴。夏、実が緑の状態でも出回る。

・スズバラは実が大きく、赤い。アーモンド形の実が鈴なりについている。

・枝の先端に実が付いた状態で出回る「観賞用バラの実」には、いろいろな種類がある。「センセーショナルファンタジー」や「パンプキン」が有名。

 

ドライにしても可愛いし、クリスマスのリースやアレンジに合わせても素敵。

秋が旬のバラの実、ぜひ一度試してみてください。

 

 

>>ほかの秋の花も見てみる

写真でわかる!切花図鑑のもくじはこちらのページからどうぞ↓↓