知りたい花言葉をすぐに調べられる!LINE@はじめました
切花図鑑

【切花図鑑】バラの実|お花屋さんで買えるバラの実、どんな種類がある?見分け方解説!

秋が旬の切花はいろいろありますが、赤く色づいたバラの実もそのひとつ。

10月~11月頃になると、いろいろなバラの実が切花として市場やお花屋さんに並びます。

そのなかでもよく見かける種類のバラの実を、見分け方と合わせてご紹介します!

 

大きな枝ぶりに鈴なりになる実が可愛い!『スズバラ』

9月下旬~10月の比較的早い段階で出回り始める、実の大きなタイプのバラの実は『スズバラ』。

ぷっくりしたアーモンド形の真っ赤な実と、鈴なりに実る様子が迫力満点。

スズバラ

 

View this post on Instagram

 

【FLOWER】 スズバラ:¥1800+tax ・ 秋の実もの、いろいろと入荷しています。 インテリアやお店のディスプレイにもおすすめです。 本日も皆さまのお越しをお待ちいたしております。 ・ 只今、フラワースタッフ募集しております。 今回は要普通免許、経験者のみの募集です。 ご応募お待ちしております。 詳細はお電話にてお問い合わせください。 FLOWER 06-6292-5299 ・ ONLINE STOREも宜しくお願いいたします。 ドライフラワーのブーケも、 オンラインストアでご注文いただけるようになりました! https://otcflower.theshop.jp #flower #flowers #dryflowers #overthecenturyflower #overthecentury #grandfrontosaka #フラワー #ドライフラワー #スズバラ #鈴バラ #グランフロント大阪 #グランフロント大阪北館1階

OVER THE CENTURYさん(@over_the_century)がシェアした投稿 –

実の付いている枝を小さく切って活けてもよいですが、やっぱり枝ぶりを生かして豪快に飾るのが魅力でしょうか。


スポンサードリンク




ワイルドな枝ぶりと小さな実が特徴!『ノバラ』

バラの実の中では、小さな実の種類。野バラはバラの原種で、白い小さな花を咲かせます。

豪快な枝ぶりは大きく活けても素敵。いけばなや和風の活け込みにも活躍します。

まだ実が青いうちから出回りますが、秋も深まると赤く色づいたものがお店に並びます。しっかり赤く熟したものは、形も崩れずにドライになります。

左はドライになってしわしわになってきたもの。

しわしわになるものと、ならずにキレイにドライになるものがあり、たぶん熟し具合の差なのだろうと思います。

使いやすい品種いろいろ!観賞用バラの実。

ブーケやアレンジに使いやすいサイズで、観賞用のバラの実も色々な種類が出回るようになりました。

多く出回る小ぶりなバラの実『センセーショナルファンタジー』(写真上)や、『ジャイアントファンタジー』『アメージングファンタジー』オレンジ色が強くぷっくりした実が可愛い『パンプキン』など。

ノバラの実と比べると実は大きいですが、枝ぶりがおとなしく、小さな花瓶にも活けられる手軽さが嬉しいですね。

 

切花のバラの実、まとめ。

お花屋さんで買える『バラの実』の見分け方、まとめです。

・大きな枝ぶりで出回るのは『スズバラ』と『ノバラ』。

・ノバラは実が小さいのが特徴。夏、実が緑の状態でも出回る。

・スズバラは実が大きく、赤い。アーモンド形の実が鈴なりについている。

・枝の先端に実が付いた状態で出回る「観賞用バラの実」には、いろいろな種類がある。「センセーショナルファンタジー」や「パンプキン」が有名。

 

ドライにしても可愛いし、クリスマスのリースやアレンジに合わせても素敵。

秋が旬のバラの実、ぜひ一度試してみてください。

▶『切花図鑑』カテゴリ一覧へ

 

参考サイト

バラの実は切花より、園芸家の楽しみかもしれません。庭で楽しめるバラの実をたくさん紹介した記事。花の写真もあるので参考になります。

【Garden story】晩夏から秋のバラの楽しみ。専門家が選ぶ美しいローズヒップ

 

 

花言葉を調べて花を贈りたい方におすすめのサービス!

花束やアレンジメントを贈るとき、花言葉がわかるといいな、と思ったことはありませんか?

お花屋さんの店頭で、サッと花言葉を調べられるLINE@のサービスをつくりました!

 

こんな感じで『(花名) 花言葉』と話しかけると、そのお花の花言葉が返ってきます。

花言葉

特徴は、お花屋さんに出回っている切り花のみに絞ってまとめられていること。

現代の私たちは、花を贈ろうと思ったらお花屋さんを利用しますよね。でも、お花屋さんに出回る切り花は、原産地も歴史もさまざま。古くからの花言葉本には載っていないものもあったりします。

花束やアレンジメントを贈るときに、それでは不便…ということで、現役のお花屋さん目線で、従来の花言葉本からピックアップしてまとめなおしました!

 

登録はコチラから★

ぜひご利用ください\(^o^)/