花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
切花図鑑

【切花図鑑】ストレリチア|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

鳥のくちばしのような花が印象的な『ストレリチア』。

別名・極楽鳥花とも言われ、大きなアレンジやスタンド・お正月の花材としても使われる定番花材です。今回は、そんな『ストレリチア』をご紹介します。

ストレリチアってこんなお花!

ストレリチアの基本情報です。

ストレリチアの基本情報

学名:Strelitzia reginae
分類:ゴクラクチョウ科 / ストレリチア属
和名:極楽鳥花  英名:Bird of paradise、CraneFlower
原産地:南アフリカ

周年出回りますが、多いのは年末~春。1本500~800円くらいでしょうか。葉もセットで売られることも。

オレンジ色の品種が一般的ですが、黄色もあります。産地は沖縄・静岡・滋賀など。

 


スポンサードリンク




ストレリチアの切花の飾り方・日保ちについて。

ストレリチアの切花、日持ちはする?

ストレリチアは非常に日持ちが良い花。茎は硬く、水が濁ることも少ないです。

水あげもよいので、茎をななめに切って活けるだけで問題ないでしょう。

ストレリチアの花を引っ張り出す方法

ストレリチアは、くちばしのような部分(仏炎苞といいます)に、まだ花弁を隠している場合があります。

ここを優しくひらいて、

オレンジの花弁をぐぐっと外に出す!

花屋さんや、華道をされている方はよくやる手法です。クチバシの部分は固いので、待っていても自然に出てくることはありません。

購入した状態が左。引っ張り出したのが右側です。ちょっと豪華になりましたね。

ストレリチアを飾るときの注意

開花とともに、べたべたした蜜が出てくることがあります。

これが花弁についたままになると、カビや花しみの原因になります。濡れティッシュなどで拭きとってあげると良いでしょう。

 

ストレリチアの花言葉は?

花言葉は、『気取った恋』『輝かしい未来』 など

 

 

ストレリチアの豆知識いろいろ。

観葉植物のストレリチアにも花が咲く?

花屋でストレリチアといえば、切花のほかに鉢物を思い浮かべる方もいるでしょう。

「オーガスタ」「旅人の木」などという名前で出回っている、鉢物のストレリチアです。

切花のストレリチアは、Strelitzia reginae(ストレリチア・レギネ)という種類。

鉢物ではこのStrelitzia reginae(ストレリチア・レギネ)と、Strelitzia nicolai(ストレリチア・ニコライ)という種類が出回っています。

観葉植物でメジャーな「オーガスタ」は、Strelitzia nicolai(ストレリチア・ニコライ)の方。ニコライはレギネより大型になる種類で、鉢植えのサイズではなかなか花をつけることはないそうです。

ストレリチア・レギネの方も鉢物として出回っており、こちらは大鉢になれば花をつけてくれます。

 

切花のストレリチア、まとめ。

ストレリチア、まとめです。

・鳥のくちばしのような花が特徴。別名は極楽鳥花。

・お正月にも欠かせない、華やかでおめでたい花。

・くちばし部分に花びらが入っている場合、引っ張り出すことも。

・観葉植物の「オーガスタ」もストレリチアだけど、切花の品種ではない。

大きくて華やかで、ちょっと自宅用に買うのは特別なときだけかな…と思いますが、すごく長持ちして手間のかからない花のひとつです。ぜひ手に取ってみてくださいね。

参考

プロトリーフチャンネル「ストレリチアレギネとニコライの違い」

 

写真でわかる!切花図鑑のもくじはこちらのページからどうぞ↓↓