花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
切花図鑑

【切花図鑑】ストック|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

春に活躍する花のひとつ『ストック』。

スタンダードタイプは大型のアレンジメントや花束に、スプレー咲きタイプは切り分けてミニブーケやアレンジメントに…と、お花屋さんにはお馴染みの花です。

今回はそんな『ストック』をご紹介します。

ストックってこんなお花!

ストックの基本情報です。

ストックの基本情報

学名:Matthiola incana
分類:アブラナ科 / アラセイトウ属
和名:アラセイトウ 英名:Stock
原産地:地中海沿岸

出回り時期は12月~4月頃。出回りが多く、お花屋さんでよく見かけるのは2月~3月です。

まっすぐなスタンダードタイプと、枝分かれして咲くスプレータイプがあります。お店では1本200円~400円でしょうか。

色は白、ピンク、濃いピンク、淡い紫、濃い紫、クリーム色など。

 


スポンサードリンク




ストックの切花の飾り方・日保ちについて。

ストックの切花、日持ちはする?

ストックは、比較的日持ちする切花です。先端に向かって咲いていくので、先に咲いた下の花から枯れていきます。枯れた花がらは摘みましょう。

ストックの飾り方・飾るときの注意など。

茎が細いものなら、ななめにカットして活けます。太い場合は割ったり叩いたりして水あげを良くします。

葉っぱが付きすぎていると水落ちの原因になるので、ある程度葉っぱは取りましょう。

ストックの花言葉は?

ストック

花言葉は、『愛の絆』『不変の美』 など

ある国の姫が敵国の王子と逢瀬のため城を抜け出そうとしたところ、ロープが切れて亡くなってしまい、哀れんだ神様が姫をこの花に変えました。「絆」という言葉はこのエピソードから。

また、しっかりした茎がまっすぐに伸びていることから、一途に思い続けるという意味も。フランスの男性は理想の女性に会うとこの花を帽子の中に入れて歩いたそうです。

 

▶【花言葉】【告白】ロマンチックに愛を伝えよう!愛の花言葉をもつ花10種まとめ。

品種・咲き方の特徴は?

スタンダード咲きとスプレー咲きがある

ストックには、まっすぐ1本のスタンダードタイプと、枝分かれして咲くスプレータイプがあります。

スタンダードタイプは大きなアレンジや活けこみにラインフラワー的に使うことが多いです。一般のご家庭や、小さな花瓶に飾りたい人は、スプレータイプを切り分けて使うのが良いでしょう。

スプレー咲きタイプをそのまま使えば、花束のボリュームアップにもなります。

 

切花のストック、まとめ。

ストック、まとめです。

・12月~4月しか出回らない春の花。お花屋さん的な旬は2月~3月。

・スタンダードタイプと、スプレー咲きタイプがある。

・日持ちもよく、春の花の名脇役!

2月~3月には必ずお花屋さんに並ぶ「ストック」。いまいち主役級とはいきませんが、柔らかい色合いで春のお花によく似合います。春の間に、ぜひ一度飾ってみてくださいね。

参考サイト

大田花き 産地ウンチク探検隊「クロカワストック」

日本のストック育種の7割以上の品種を作っているクロカワストックさんの取材記事。ストックの種をどう採っているのかなど、非常に面白い記事です。

関連記事

花の名前、わかりますか?お花屋さんでよく見る花10選【春~spring~編】

【花言葉】【告白】ロマンチックに愛を伝えよう!愛の花言葉をもつ花10種まとめ。

 

▶『切花図鑑』もくじへ