花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
切花図鑑

【切花図鑑】シキミア(スキミア)|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

クリスマスのリースやアレンジに入っているのをよく見かける、『シキミア(スキミア)』。

小さなつぶつぶとしたつぼみを楽しむ花材です。今回は『シキミア(スキミア)』をご紹介します。

シキミア(スキミア)ってこんなお花!

シキミア(スキミア)の基本情報です。

シキミア(スキミア)の基本情報

学名:Skimmia japonica
分類:ミカン科 / ミヤマシキミ属
原産地:日本

よく見るのはクリスマス時期ですが、秋~春まで出回っています。丈は短く小さいわりにけっこう高級で、1本400~500円ほどでしょうか。

花色は赤と緑。つやのある濃い緑の葉が特徴です。

お供えで使う「シキミ」の園芸種

日本原産の樹木で、樒(シキミ)という木があります。榊(サカキ)と同様に、仏教の宗派によってはお供えで使うので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

じつは「シキミア(スキミア)」は日本のミヤマシキミがヨーロッパに渡り、改良されたもの。幕末日本を訪れていたドイツ人医師・シーボルトが持ち帰ったと言われています。

深い緑色と、ボリュームったっぷりの赤いつぼみは、ヨーロッパでクリスマス花材として人気となり、日本でも使われるようになりました。


スポンサードリンク




シキミア(スキミア)の切花の飾り方・日保ちについて。

シキミア(スキミア)の切花、日持ちはする?

シキミア(スキミア)は花ではなくつぼみを楽しむ花材なので、日持ちは良いです。冬なら1週間以上は変化なく楽しめます。

水あげは枝ものと同じ。太い茎は割りを入れて水に活けましょう。

シキミア(スキミア)の飾り方・飾るときの注意など。

肉厚で濃い緑色の葉は重厚感があり、秋冬の実物や針葉樹との相性は抜群です。反対に、ふわふわとした軽やかな草花とはあまり合わないかもしれません。

変化はわかりにくいのですが、乾燥した場所に飾ると水が下がりやすく、つぼみがくたっと下を向いてしまうことも。

シキミア(スキミア)の花言葉は?

花言葉は、『清純』『寛大』など

やさしい花言葉がついていますが、シキミは有毒植物。全草・特に実には毒性が多く含まれているので注意が必要です。

種類は赤と緑

シキミアの花色(つぼみ色?)は赤と緑があります。

最近は園芸用で鉢物も出回っており、鉢物の品種では葉に白斑が入っている品種もあります。”マジックマルロー”などはとてもオシャレで人気があります。

シキミア(スキミア)の豆知識いろいろ。

シキミアのつぼみは咲くの?

シキミアのつぶつぶはつぼみ。ということは、これから花が咲くの?と思う方もいるかもしれませんが、切花ではあくまでつぼみを鑑賞するもの。

おっ、咲きそうかな…?というシーンはたまにありますが…

基本的に花が咲くのを楽しむ切花ではありません。

鉢植えや地植えで育てていれば、もちろん花は咲きます。赤いつぼみでも、けっこう白っぽい花が咲くのですね。

切花のシキミア(スキミア)、まとめ。

シキミア(スキミア)、まとめです。

・クリスマス時期によく見るが、秋~春まで出回っている

・つぶつぶの部分はつぼみ。赤や緑の種類がある

・切花でつぼみが咲くことはほとんどない。つぼみを鑑賞するもの

・園芸用の鉢物もある

クリスマスアレンジの雰囲気にぴったりな『シキミア(スキミア)』。丈が短いので使いどころは限られますが、長持ちするので家庭で飾るのにもおすすめです。

お花屋さんで見かけたら、ぜひ手に取ってみてくださいね。

 

関連記事

写真でわかる!切花図鑑のもくじはこちらのページからどうぞ↓↓