知りたい花言葉をすぐに調べられる!公式LINEはじめました
花に関係する行事

フラワーバレンタインって何?いつからやってるの?【お花屋さんの花行事】

2月といえば、バレンタインデー。

デパートや駅には特設のチョコレート売り場が設けられ、男女ともになんとなくソワソワする一日を過ごす…そんな日。

お花屋さんでは毎年『フラワーバレンタイン』と銘打って、バレンタインにお花を贈ろう!というキャンペーンをやっています。

便乗商法~(笑)と思うなかれ。今回は、お花屋さん業界が取り組んでいる『フラワーバレンタイン』についてご紹介します。

 

バレンタインデーとは。

バレンタインの由来

そもそもバレンタインデーとはなにか。古代ローマ時代のキリスト教司祭・聖ウァレンティヌス(バレンタイン)がその由来です。

戦争中の古代ローマ、時の皇帝クラウディウス2世は、兵士が家族や恋人を恋しがって、軍の士気が低下しないよう兵士たちの結婚を禁止していました。

そんな時代に、キリスト教司祭・聖ウァレンティヌス(聖バレンタイン)は、結婚を望む兵士たちのためにこっそり結婚式をとり行っていたのでした。

しかし、このことがローマ皇帝の逆鱗に触れ、269年の2月14日に聖バレンタインは処刑されてしまうのです。

その後ローマでは、2月14日に殉教した聖バレンタインが愛する男女の守護聖人となり、春の訪れと聖バレンタインのエピソードが時と共に混ざり合って、14世紀には、今と同じようなバレンタインデーになったそうです。(フラワーバレンタイン公式ページより)

 

戦争中だって、愛する人と結婚したい。聖バレンタインは身を挺して、その望みを叶えていたのですね。

キリスト教の国を中心に現在は2月14日がバレンタインデーとされ、愛する人とカードや花を贈り合う「愛の日」となっています。

日本のバレンタイン

日本のバレンタインといえば、『女子が男子にチョコレートを贈って愛の告白をする日』として定着しています。最近は義理チョコや友チョコなど、いろいろ賛否もありますね。

そもそもなんで女子から男子?なんでチョコレート?というのには諸説あるようですが、昭和30年代頃から、お菓子会社が企業プロモーションのためにはじめたこと。

昭和33年にメリーチョコレートがデパートで最初のバレンタインセールをやったとか、昭和35年に森永製菓がバレンタイン広告を出したとか、いろいろな記録があるようです。興味のある方は調べてみると面白いかも。

 

キリスト教ではない日本では、「聖バレンタインが処刑された日」という意味合いよりも、チョコレートを贈り合うイベントとして定着したんですね。

 


スポンサードリンク




フラワーバレンタインはいつから始まった?

海外の国同様、日本でもバレンタインデーに花を贈る習慣を定着させよう!というコンセプトのもと、業界全体の取り組みとして『フラワーバレンタイン』キャンペーンがはじまったのは2011年。

2010年に農林水産省花き産業振興室(当時)の協力により発足した「フラワーバレンタイン推進委員会」が推進運動のはじまり。これが2014年に「一般社団法人 花の国日本協議会」を設立しました。

というわけで現在の主催団体は、「一般社団法人 花の国日本協議会」。青山フラワーマーケットの社長である井上英明氏さんが理事長を務めています。

 

フラワーバレンタインの目的は以下の通り。

本来のバレンタインデーの姿である、“男女がお互いにLOVEを伝え合う”という美しく温かいコミュニケーションを、花業界がフラワーギフトを通じてお手伝いいたします。

 

まだ新しい取り組みですが、全国のお花屋さんで共通のポスターを掲示したり、テレビCMを打ったり、どこかで目にした方もいるのではないでしょうか。(だといいな)

2012年には、サッカー選手の三浦知良選手が「初代Mr.フラワーバレンタイン」として登場したりして話題になりました。

フラワーバレンタイン公式ページ

 

バレンタインに男性から女性に花を贈るって本当なの?

「海外のバレンタインでは、男性が女性に花を贈るものだ」とか言ったって、本当なの?と思ったりしませんか。

でもたぶん、本当!です。

私は海外居住の経験はありませんが、東京で外国人の方が多く住む地域(大使館などが集中する場所)のお花屋さんで働いたていたことがあります。

バレンタイン当日の夕方。仕事を終えた外国人の男性たちが続々お店にやってきて、花束を買っておうちに帰る光景が見られました。「こんなに売れるの!?」とびっくりしたくらい。

特徴としては、

・あんまり予約はしない。当日見て気に入ったものを選ぶ。
・○○の花、などのコダワリはあまりない

という感じでしたが、ふらっと来て当たり前のように花を買っていく男性の多さにビックリした記憶があります。贈るんですよ、本当に(!)

 

フラワーバレンタインにオススメの花は?

お花屋さんの中の人として、フラワーバレンタインにオススメの花をこちらの記事にまとめてみました。

贈ってみようかな…と思ったら、こちらも参考にどうぞ!

あわせて読みたい
今年はやってみよう!バレンタインに贈る花束にオススメの花バレンタインが近づいてきました。男性のみなさま!バレンタインはチョコをもらうだけの日、なんて思っていませんか? 諸外国では、バレン...

 

 

どうしても恥ずかしい人は。ホワイトデーにお花を贈ってみては?

ブルースター

そんなこと言っても、バレンタインに男から花を贈るなんてどうしても恥ずかしい!!!

という方は。

チョコレートのお返しに、ホワイトデーにお花を贈ってみてはどうでしょうか。

女の子はやっぱり、お花をもらうのは嬉しいもの。ダイエット中の彼女にも、クッキーよりお花が喜ばれるかもしれませんね。

 

お花を贈るってちょっと恥ずかしいけど、ホワイトデーなら理由をつけて渡しやすいのではないでしょうか(だって御礼だし!)。

バレンタイン、ホワイトデー。せっかくのお祭りですから、普段できないことをしてみるのも楽しいものです。お花屋さんも、ギフトがふえる日だとわかっていますから、快く相談に乗ってくれるはず。

ぜひ、お近くのお花屋さんに足を運んでみてください★

 

こちらも参考にどうぞ。

あわせて読みたい
【花言葉】【恋愛系】ロマンチックに愛を伝えよう!愛の花言葉をもつ花10種まとめ。花言葉を添えて、花束やアレンジメントを贈りたい! そんな方のために、日本のお花屋さんで一般的に買えるお花の花言葉をまとめています。...
あわせて読みたい
【花言葉】いつでも買える!お花屋さんに並ぶメイン切花12種の花言葉まとめ 花言葉を添えて、花束やアレンジメントを贈りたい! そんな方のために、日本のお花屋さんで一般的に買えるお花の花言葉をまとめま...

 

 

花言葉を調べて花を贈りたい方におすすめのサービス!

花束やアレンジメントを贈るとき、花言葉がわかるといいな、と思ったことはありませんか?

ハナラボノートは、

お花屋さんの店頭で、サッと花言葉を調べられる『公式LINE』をつくりました!

 

こんな感じで「花名」を話しかけると、そのお花の花言葉・関連記事をすぐに返信します。

 

特徴は、お花屋さんに出回っている切り花のみに絞ってまとめられていること。

現代の私たちは、花を贈ろうと思ったらお花屋さんを利用しますよね。でも、お花屋さんに出回る切り花は、原産地も歴史もさまざま。古くからの花言葉本には載っていないものもあったりします。

花束やアレンジメントを贈るときに、それでは不便…ということで、現役のお花屋さん目線で、従来の花言葉本からピックアップしてまとめなおしました!

 

登録はコチラから★

友だち追加

ぜひご利用ください\(^o^)/