知りたい花言葉をすぐに調べられる!公式LINEはじめました
上手に花を買うには

今年はやってみよう!バレンタインに贈る花束にオススメの花

バレンタインが近づいてきました。男性のみなさま!バレンタインはチョコをもらうだけの日、なんて思っていませんか?

諸外国では、バレンタインは「男性が女性に花を贈る日」。世界で最も花が贈られている日なのだそうです。

日本でも、お花屋さん業界が「フラワーバレンタインキャンペーン」などをやっており、だいぶ浸透してきたかな…?というところ。

あわせて読みたい
フラワーバレンタインって何?いつからやってるの?【お花屋さんの花行事】2月といえば、バレンタインデー。 デパートや駅には特設のチョコレート売り場が設けられ、男女ともになんとなくソワソワする一日を過ごす...

 

「愛や感謝の意味のある花」「この時期よく花屋さんに出回る花」「頼みやすい花」などの観点から、お花屋さん目線でバレンタインにオススメの花をまとめてみました。

バレンタインに、彼女や奥様に花を贈ってみようかな…と考えている方の参考になれば幸いです。

赤いバラ

バラ

やっぱり外せない、定番は赤バラです。7本、12本、20本、100本…お好みの本数で贈りましょう。

個人的には、赤バラメインにするならほかの花をごちゃごちゃ入れない方がいいかなーと思います。グリーンや小花を添える程度で。もちろん、センスよくいろんなお花をミックスしてくれるお花屋さんなら、素敵に作ってくれますよ。

注意点としては、この時期の赤バラはいつもより値段が高いです。これはバレンタインに合わせて需要がふえるため。

花も農産物ですから、こうした値段の変動は致し方ないのです。赤バラを贈りたい方は、事前に相談して予約しておくことをオススメします。


スポンサードリンク




白いバラ

赤バラが高いなら、ちょっとひねって白いバラはどうでしょうか。白いバラってとてもピュアでロマンチックで、愛を伝えるのにすごくいいと思うんですよね。

白いバラの花言葉には『相思相愛』『尊敬』というのもあります。恋人に贈るのにぴったりじゃないでしょうか。

ただし、白バラを常時置いているお花屋さんは少ないと思います。できれば1週間前くらいまでに予約をしておきましょう。

春の花

2月のお花屋さんは春の花が旬のピークです。チューリップ、スイトピー、ラナンキュラス、アネモネ、フリージア、マーガレット…などなど。

春の花は可愛らしく、色も豊富。香りも良いものが多いです。女の子受けは良いはず!

予約を忘れちゃっても、この時期なら春の花は何かしらあるはずです。春らしいお花で…と相談してみましょう。

あわせて読みたい
花の名前、わかりますか?お花屋さんでよく見る花10選【春~spring~編】 お花屋さんで花束を頼もうと思っても、花の名前がわからない。知りたくても、名前が書いてない…。 お花屋さんで花を買おうと思っ...

 

1本で贈る

 

 

View this post on Instagram

 

ombak__nami__さん(@ombak_nami_)がシェアした投稿

そんなにたくさんの花を買う予算がない、花以外にもプレゼントがある、など「あんまり大袈裟にしたくないんだよなー」という方は、思い切って1本で贈るのがおすすめ。

バラの花1本、チューリップ1本、ガーベラ1本。

その日お花屋さんで見て一番、キレイだな!と思ったものを「プレゼント用に包んでください」とお願いしましょう。

「これ、キレイだったから思わず買っちゃった」なんて言って渡せば、さりげなさ満点です。

 

〇〇色系でおまかせ

もうちょっとまとめてブーケみたいにしたい、でもどうやって選んでいいかわからない…というときは、お花おまかせ&好きな色味でお願いしましょう。

彼女の好きな色でもいいし、気になる花があればその色味で頼んでみるのもいいです。

バレンタインだから赤!と連想する方が多いですが、別にこだわらなくてもいいんじゃないかなーと思います(赤系はバラ以外も値段が上がるのです…)。

また、青い花は少ないので、青系でつくりたい人は1週間前くらいには予約した方がいいかも。

あわせて読みたい
花屋が選ぶ!花束に使える 【青い花】 リストをまとめたよ。 青いお花はお好きですか? 「幸せの青い鳥」や「結婚式のサムシングブルー」(花嫁が何かひとつ青いものを身につけると幸せになれ...

 

お花を贈る、感謝の気持ちが大事。

お花を贈ることは、目的ではありません。

大切なのは、お花にのせてどんな気持ちを伝えたいのか。

いつもありがとう。大好きです!これからもよろしくね。などなど…

素敵な花束をもらえばそりゃあ女子は嬉しいものですが、1本だって、ちょっとイマイチな花束だって、いいんです。

その花を選んでくれたということ。自分のことを大切に思ってくれてるんだ、という気持ち。

気持ちが伝われば、花は手段にすぎません。

そして、数ある手段の中でも、花の「伝える」パワーはすごいもの。

花屋でいろんな花束をつくり、いろんなシーンを見てきましたが、お花を贈る&贈られるってやっぱり特別嬉しいことなんです。

今年のバレンタインはチョコを待つだけじゃなく、ぜひお花にのせて気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

 

花言葉を調べて花を贈りたい方におすすめのサービス!

花束やアレンジメントを贈るとき、花言葉がわかるといいな、と思ったことはありませんか?

ハナラボノートは、

お花屋さんの店頭で、サッと花言葉を調べられる『公式LINE』をつくりました!

 

こんな感じで「花名」を話しかけると、そのお花の花言葉・関連記事をすぐに返信します。

 

特徴は、お花屋さんに出回っている切り花のみに絞ってまとめられていること。

現代の私たちは、花を贈ろうと思ったらお花屋さんを利用しますよね。でも、お花屋さんに出回る切り花は、原産地も歴史もさまざま。古くからの花言葉本には載っていないものもあったりします。

花束やアレンジメントを贈るときに、それでは不便…ということで、現役のお花屋さん目線で、従来の花言葉本からピックアップしてまとめなおしました!

 

登録はコチラから★

友だち追加

ぜひご利用ください\(^o^)/