花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
切花図鑑

【切花図鑑】バーゼリア|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

バーゼリア

ドライフラワーにもなる人気のネイティブフラワーの中で、ちょっと地味だけど使い勝手のいい花といえば『バーゼリア』。

つぶつぶとした丸い花(つぼみ)が集まっている様子はユニークでかわいらしく、ボリュームアップやアレンジの穴埋めにも最適です。

今回は『バーゼリア』をご紹介します。

バーゼリアってこんなお花!

バーゼリアの基本情報です。

バーゼリア

バーゼリアの基本情報

学名:Berzelia lanuginosa
分類:ブルニア科 / バーゼリア属
英名:ボタンブッシュ 
原産地:南アフリカ

バーゼリアの原産地は南アフリカ。いわゆる「ネイティブフラワー」と言われるジャンルのお花です。

ほとんどが輸入品で、一年中出回っています。出回り量が多いのは秋~冬でしょうか(南半球は春)。秋のアレンジや、クリスマスのアレンジにもよく使われます。

品種も様々あり、黄緑・緑・茶色っぽいものなど。つぶの大きさも大小いろいろあります。価格は1本200~300円くらいです。

 


スポンサードリンク




バーゼリアの切花の飾り方・日保ちについて。

バーゼリアの切花、日持ちはする?

茎や花がかたくて日持ちがよいのがネイティブフラワーのいいところ。バーゼリアも非常によくもつ花材です。

バーゼリア

飾っていたらそのままドライになってた、なんてこともあるでしょう。2週間程度は問題なく日持ちします。

ドライになってくると、細かい葉がパラパラ落ちるものもあります。

バーゼリアの飾り方・飾るときの注意など。

水あげは特に悪くありません。太い茎は枝ものと同じように、割りを入れることが多いです。

 

バーゼリアの花言葉は?

花言葉は、『情熱』『小さな勇気』 など

 

 

ドライフラワー・クリスマスリースにも活躍

つぶつぶとした形や、茶色みを帯びた色が、クリスマスのアレンジによく似合います。出回り量も多くなるので、クリスマスシーズンにはよく使われているのを見るでしょう。

特に、フレッシュな状態でつくり、徐々にドライになっていくのを楽しむフレッシュリースには最適。よいアクセントになっていますね。

バーゼリアのつぶつぶは花?つぼみ?

丸いバーゼリアのつぶつぶ、これが花なの?と不思議に思う方もいるのではないでしょうか。

よく観察していると、たまに花が咲いているのがあったりします。(撮影は12月)

バーゼリア

さらに寄ってみましょう。

バーゼリア

ちいさな花が集まって咲いているのが見えますね。

緑色のバーゼリアは、まだ花が咲いていない状態。つぼみがたくさん集まったものだということがわかります。

切花のバーゼリア、まとめ。

バーゼリア、まとめです。

・南アフリカ原産の『ネイティブフラワー』のひとつ。

・秋~冬に多く出回り、クリスマスにも活躍する。

・ひとつひとつの粒つぶは、つぼみの集合体。

・日持ちが良く、ドライフラワーにもなる。

プロテアやリューカデンドロンに比べれば、ネイティブフラワーの中では地味な存在のバーゼリア。だからこそ、どんなアレンジにも脇役としてマッチします。

特に、クリスマスのアレンジやリースにはとても使いやすいのでおすすめ。クリスマス時期には、ぜひ注目して見てみてくださいね。

 

関連記事

▶花の名前、わかりますか?お花屋さんでよく見る花9選【ネイティブフラワー編】

あわせて読みたい
花の名前、わかりますか?お花屋さんでよく見る花9選【ネイティブフラワー編】 お花屋さんでよく見る花図鑑シリーズ第4弾は、ドライやスワッグに活躍!ネイティブフラワー編 です。 ネイティブフラワ...

 

写真でわかる!切花図鑑のもくじはこちらのページからどうぞ↓↓