花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
切花図鑑

【切花図鑑】リューカデンドロン|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

リューカデンドロン

ドライフラワーとしても人気のネイティブフラワー。南アフリカやオーストラリア原産のエキゾチックなお花たちです。

その中でも種類が多く、お手頃に手に入れやすいのが『リューカデンドロン』の仲間。切花としても比較的昔から出回っていて、馴染みのある花材のひとつです。

今回はそんな『リューカデンドロン』のご紹介です。

リューカデンドロンってこんなお花!

リューカデンドロンの基本情報です。

リューカデンドロン

リューカデンドロンの基本情報

学名:Leucadendron
分類:ヤマモガシ科 / リューカデンドロン属
原産地:南アフリカ

様々な品種があり、思ったものがいつも手に入るわけではないのですが、「リューカデンドロンのなかま」自体は周年出回っています。ほとんどが輸入品です。

価格も種類によってさまざま。上の写真にあげたような、シングルタイプ(1本で1花ついているもの)と、スプレータイプがあります。

色は濃赤~茶系、グリーン系が多いです。


スポンサードリンク




リューカデンドロンの切花の飾り方・日保ちについて。

リューカデンドロンの切花、日持ちはする?

リューカデンドロンは非常に日持ちの良い花です。2週間近くこのままの姿を変えないくらいなので、夏の暑い時期やスタンド花・楽屋花にも重宝します。

リューカデンドロン

花に見えるのは、苞葉(ほうよう)といわれる部分。これって開いて咲くんですか?と聞かれることがありますが、すごく時間がたってドライっぽくなってくると開いたりします↓

まあ、咲いた姿を鑑賞するものではないのですが…

品種によっては最初から開いたようなものもありますね。

リューカデンドロンの飾り方・飾るときの注意など。

水あげが難しい花ではないので、そのままでも良いのですが、枝もののような感じで茎を割って活けることが多いです。

茎も葉も硬質で、しおれる心配はほぼゼロ。傷んでくるときは、萎れるというより色が変わってくる(葉先が黒っぽくなるなど)ことが多いです。

リューカデンドロンの花言葉は?

花言葉は、『物言わぬ恋』『閉じた心を開く』 など

 

リューカデンドロン、品種いろいろ。

リューカデンドロンは、品種によって全然見た目が違います。いくつか写真を載せておきます。

リューカデンドロン

一番よく見る、赤系のシングルタイプ ”サファリサンセット”。

緑色のシングルタイプ。

小型のスプレー咲きタイプ。

 

小さい松かさのような花が特徴的 ”ケープスパイス”。

他のネイティブフラワーとも相性抜群!

リューカデンドロンをはじめ、オーストラリアや南アフリカ原産の「ネイティブフラワー」はいまや大人気。

ネイティブフラワーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。
▶【花屋の徹底解説】ネイティブフラワーってどんな花?種類は?ドライフラワーになる?

あわせて読みたい
【花屋の徹底解説】ネイティブフラワーってどんな花?種類は?ドライフラワーになる?『ネイティブフラワー』。 お花好きな方なら、最近よく聞くワードなのではないでしょうか。 これが花?と思うような個性的な姿。人...

 

切花のリューカデンドロン、まとめ。

リューカデンドロン、まとめです。

・南アフリカ原産、ネイティブフラワーの代表的な花

・葉も茎も硬く、丈夫で長持ち!

・シングルタイプ、スプレー咲きタイプなど、様々な品種がある

・花びらに見える部分は苞葉(ほうよう)といわれる部分

ネイティブフラワー・ドライフラワーの流行で、いろいろな種類が楽しまれるようになったリューカデンドロン。とにかく長持ちするし、ドライにしても面白いのでリースやスワッグ素材としても優秀です。ぜひ手に取ってみてくださいね。

参考サイト

▶切花・切葉の輸入商社 シマトレーディング ワイルドフラワー一覧

関連記事

▶花の名前、わかりますか?お花屋さんでよく見る花9選【ネイティブフラワー編】

あわせて読みたい
花の名前、わかりますか?お花屋さんでよく見る花9選【ネイティブフラワー編】 お花屋さんでよく見る花図鑑シリーズ第4弾は、ドライやスワッグに活躍!ネイティブフラワー編 です。 ネイティブフラワ...

 

写真でわかる!切花図鑑のもくじはこちらのページからどうぞ↓↓