花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
まぎらわしい切花マメ知識

「デルフィニウム」と「ラクスパー(ラークスパー)」の違いは?見分け方は?

お花屋さんで売られている切花で、よく似た雰囲気の「デルフィニウム」と「ラークスパー」。

お花屋さんでも、ラークスパーはデルフィニウムの一種、という感じで売られていることもあります。

本当にデルフィニウムとラークスパーは同じ仲間なの?

気になったので詳しく調べてみました。

「デルフィニウム」と「ラークスパー」の基本情報。

デルフィニウム

まずは、デルフィニウムの基本情報。

学名:Delphinium
分類:キンポウゲ科 / オオヒエンソウ(デルフィニウム)属
和名:大飛燕草(オオヒエンソウ) 英名:Delphinium
原産地:ヨーロッパの高地、シベリア、中央アジアから中国西南部の山岳地帯、モンゴル、中国など

 

デルフィニウムには3つの系統があり、全然見た目が違います。

3系統の違いや見分け方については、別記事で書いていますのでそちらをご参考に。(→【青い花】デルフィニウムの種類まとめ!3系統の違いがわかりますか?

ラクスパーと間違いやすいのは、おそらく1本立ち系のデルフィニウム。スプレー咲きのデルフィニウムはそもそも枝ぶりが違うので、全体を見たらわかると思います。

1本立ち系のデルフィニウム(エラータム系・ベラドンナ系)には、濃い青・水色・紫・ラベンダー色・ピンク・白などのバリエーションがあります。

 

ラクスパー

次に、ラクスパーの基本情報です。

学名:Consolida ajacis
分類:キンポウゲ科 / ヒエンソウ(コンソリダ)属
和名:飛燕草(ヒエンソウ)、千鳥草(チドリソウ)英名:Larkspur 
原産地:南ヨーロッパ

デルフィニウムは大飛燕草(ツバメ)、ラークスパーは千鳥草(チドリ)。どちらも鳥に見立てられているのが面白い。

ラクスパーは、濃い紫・紫・ピンク・白などの品種が出回っています。

もともとは、デルフィニウムの仲間だった

デルフィニウムもラクスパーも、かつては同じデルフィニウム属に分類されていました。

デルフィニウムの多くは宿根草、ラクスパーは一年草であることから、現在は別属に分類し直されています。

 


スポンサードリンク




比べてみます。

まずデルフィニウム、先ほどの図をもう一度。

そして、ラクスパーはこちら。

ラクスパーは主に、すらっとした1本立ち系のかたちをしています。スプレー咲きのラクスパーはない…とは言いませんが、メジャーではないと思います。

 

ラクスパーの花

 

デルフィニウム(シネンシス系)の花
デルフィニウム(エラータム系)の花

 

花だけを見てみると、デルフィニウムとラクスパーはけっこう似ています。慣れない方は、アップの写真だけでは見分けがつかないかもしれません。

デルフィニウムとラクスパー、見わけるポイント。

葉っぱが違う

まず見分けるポイントは葉です。デルフィニウムの葉っぱよりラクスパーの葉っぱは細くて細かい!

デルフィニウムデルフィニウム(シネンシス系)の葉っぱ

 

デルフィニウム(エラータム系)の葉っぱ

 

ラクスパーの葉っぱ

 

デルフィニウムの葉っぱは大きめ。もしゃもしゃと細かい葉っぱがついていたらそれは「ラクスパー」です。

 

ラクスパーには「真っ青」はない(と思う)

ラクスパーは、濃い紫・紫・ピンク・白などの品種がありますが、デルフィニウムのような「真っ青」な品種はありません(たぶん。切花で見ている限りは、あっても青紫系)

なので、このような「ザ・青!!」という色だったら、それはデルフィニウムと思っていいはず↓

 

まとめ。

デルフィニウムとラクスパーの違い、いかがでしたか。ハッキリ言い切れない部分もあり、歯切れが悪い表現があって申し訳ありません。

まとめます!

・デルフィニウムは「キンポウゲ科デルフィニウム属」、ラクスパーは「キンポウゲ科コンソリダ属」に属する

・昔は両方ともデルフィニウム属だった

・ラクスパーは一年草

・切花のラクスパーは、スプレー咲きではなく1本立ち系のかたちが多い

・真っ青な色素を持つのはデルフィニウム。ラクスパーの青は紫に近い

・悩んだら葉っぱを見る!細くてもしゃもしゃしていたらラクスパー!

 

以上、デルフィニウムとラクスパーの違いと見分け方についてでした。

 

関連記事

▶【青い花】デルフィニウムの種類まとめ!3系統の違いがわかりますか?

▶花屋が選ぶ!花束に使える 【青い花】 リストをまとめたよ。