花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
花に関係する行事

7月7日は『カスミソウの日』★天の川みたいなカスミソウを飾ろう

こんにちは。お花に関係する行事をご紹介する【お花屋さんの花行事】のコーナーです。

お花を楽しむ人には、季節ならではのお花を逃さず楽しんでほしい。お花を売る人には、うっかり忘れずお客様に情報を伝えて売ってほしい。ということで、お花に関係する行事を毎年リマインドしていこうと思います。

7月7日『カスミソウの日』。

7月7日といえば七夕ですが、最近はカスミソウも定着しつつある様子です。

「カスミソウの日」の由来やカスミソウの花言葉、星の名前の品種など、楽しみ方をまとめてみました。

『カスミソウの日』の由来は?

カスミソウ

7月7日は七夕。七夕と言えば織姫と彦星の間にある天の川です。

カスミソウのふわふわとした白い花を天の川に見立てて、カスミソウ生産者や生花店が提案し、定着した日のようです。

たしかに、ふわふわとしたカスミソウの花は、七夕の雰囲気に似合いますね。


スポンサードリンク




カスミソウの花言葉は?

カスミソウ

カスミソウの花言葉は、『純潔』『清らかな心』『親切』『無垢の愛』『幸福』など

日本でもヨーロッパでも、純粋で混じりけのないピュアなイメージの花言葉がついています。

カスミソウに関する詳細はこちらのページもどうぞ。

あわせて読みたい
【切花図鑑】カスミソウ|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方なんにでも合わせられる脇役のザ・定番『カスミソウ』。 ちょっと昭和な古臭いイメージ…と敬遠された時期もありましたが、最近のドライフ...

 

カスミソウは、星に関連する品種名が多い?

お花屋さんに出回っているカスミソウには、色々な品種があり、それぞれ「品種名」があります(表示されていない場合も多いですが)。

カスミソウの品種名には、星や星の名前をイメージさせるものが多いような気がします。

「アルタイル」「ベールスター」「ミリオンスター」「スターマイン」などなど。

『カスミソウ=星』のイメージは、カスミソウの日が定着するより以前からあったのかもしれませんね。

カラフルなカスミソウに注目!

カスミソウ

最近ではすっかりメジャーな存在になった「染めカスミソウ」

7月7日のカスミソウの日には、ブルーや黄色など夜空を思わせる色を使うのもよさそう。

染めのカスミソウは日持ちもよく、ドライになってもそのまま色が残るので、なかなか優秀な花材だと思います。

7月にカスミソウがおすすめな理由(本音)。

「七夕にはカスミソウ!天の川ブーケ」という売り出し方をしている某花屋さんを初めて見て、なるほど~と思ってから数年。都市部ではすっかり、『七夕はカスミソウの日』が定着してきているように思います。

こんなニュース記事も。

https://news.livedoor.com/article/detail/14970223/

7月7日は、蒸し暑い梅雨真っただ中。暑くてもちの良い花があまりないし、行事もないし、お花屋さんとしては何かイベントが欲しい季節。

さわやかな白いカスミソウは涼しげで、日持ちもよく、この時期にぴったりだったのではないでしょうか。

ご自宅で飾っても花もちがよく、水汚れもあまりしないので、蒸し暑いこの時期にはおすすめです。

梅雨空で見えない天の川を思い描きながら、カスミソウを飾ってみるのもよいのでは。なかなか単品で買うことのない花だと思うので、ぜひこの機会に手に取ってみてくださいね。