花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
切花図鑑

【切花図鑑】セルリア|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

セルリア

ネイティブフラワーの中でも異彩を放つ、可憐な雰囲気が人気の「セルリア」。

草花っぽいブーケにも合うし、ドライにしてもいいし、ほんのりとしたピンク色がなんともいえず可愛いですよね。

今回はそんな「セルリア」をご紹介します。

セルリアってこんなお花!

セルリアの基本情報です。

セルリアの基本情報

学名:serruria florida
分類:ヤマモガシ科 / セルリア属
英名:Blushing Bride 
原産地:南アフリカ

白やピンクなどの色がある、セルリア。南アフリカに40種ほどが自生している植物。プロテアやバンクシアの仲間です。

花びらにみえる部分は苞(ほう)で、包まれている中心部分に花があります。

切花で出回るものはほとんどが輸入品で、真冬以外は出回っているような印象(5~6月から秋までが多い)。

可憐な花のわりに価格は高め。1本7~800円することもありますが、ドライになって長く楽しめるので、きれいなものを見つけたら是非ためらわず購入してください!

 


スポンサードリンク




セルリアの切花の飾り方・日保ちについて。

セルリアの切花、日持ちはする?

セルリアは南アフリカ原産の、ネイティブフラワーの仲間。リューカデンドロンやプロテアと同じように、非常に長持ちしてドライになります。

しっとりひんやりした感触、さわってみてほしい…

とはいえ、ドライとフレッシュではかなり表情が違うのも事実。フレッシュではしっとりとしてみずみずしい質感が楽しめます。

セルリアの飾り方・飾るときの注意など。

花は可憐ですが、茎はしっかりとした枝もの。

水に浸かる部分の葉は取り除き、切り口に割りを入れて活けましょう。

 

セルリアの花言葉は?

花言葉は、『ほのかな思慕』『可憐な心』『優れた知識』 など

英名の「Blushing Bride」は「頬を染めた花嫁」の意味。ほんのりとピンクがかった色、しっとりとした質感は、確かにやわらかな女性の頬のようです。

 

セルリアにはどんな品種がある?

白・ピンクなどいくつか品種あり

花が開くともっふもふ

 

切花で出回っているセルリア、いくつか品種があります。

やや大きめで白基調に淡いピンクがかった「セルリア・フロリダ」や、小輪でピンクの強い「ブラッシングブライドピンク」、真っ白な「ホワイト」などがあります。

鉢物も出回っています

園芸店などでは、鉢物も出回っています。自宅で育てられれば気軽にセルリアの切花も楽しめるかも…

 

セルリアの豆知識いろいろ。

ダイアナ妃も使った!ブライダルブーケに人気

イギリス王室のブライダルはいつも注目の的。その中でも、ダイアナ妃のブライダルブーケの中に、セルリアが使われていたそうです。

花材も多いのでわかりにくいですが…。BlushingBrideの名前のとおり、ブライダルブーケにも人気。

ダイアナ妃がご結婚されたのは1981年だから、そんなに昔からセルリアの花は使われているんですね。

切花のセルリア、まとめ。

セルリア、まとめです。

・南アフリカ原産のネイティブフラワーのひとつ

・白~ピンクの淡い色合いで人気

・英名の「Blushing Bride」は「頬を染めた花嫁」の意味。ブライダルブーケにも人気!

ネイティブフラワーの中でも、特に可憐で女性に人気のセルリア。草花と合わせても相性がよく、独特の存在感がある花です。

いつでもお店に並んでいる花ではないけど、日持ちもするし、フレッシュなセルリアはBlushingBrideの名のとおり、うっとりする美しさ。

綺麗なセルリアの切花を店頭で見つけたら、(少々高いな~と思っても)ぜひ購入してみてください!

関連記事

ネイティブフラワーって何?という方は、こちらの記事に詳しくまとめています。
▶【花屋の徹底解説】ネイティブフラワーってどんな花?種類は?ドライフラワーになる?

 

写真でわかる!切花図鑑のもくじはこちらのページからどうぞ↓↓