知りたい花言葉をすぐに調べられる!公式LINEはじめました
切花図鑑

【切花図鑑】テマリソウ|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

緑のモコモコした姿は「これってお花?」と不思議に思ってしまう『テマリソウ』。

マリモのような緑の球状で色もグリーンなので、どんなお花も邪魔せず、使いやすい名脇役です。

今回はそんな『テマリソウ』をご紹介します。

テマリソウってこんなお花!

テマリソウの基本情報です。

テマリソウの基本情報

学名:Dianthus barbatus ‘green trick
分類:ナデシコ科 / ナデシコ属
和名:手鞠草  英名:グリーントリュフ
原産地:園芸品種

出回り時期は周年。価格は1本200~300円ほどでしょうか。サイズ感は、一輪咲きのカーネーションと同じくらいのものが多いです。

色はグリーン。秋冬にかけて「染め」のものも出ているのを見かけます。


スポンサードリンク




テマリソウの切花の飾り方・日保ちについて。

テマリソウの切花、日持ちはする?

テマリソウの切花はとてもよく日持ちします!

花びらという花びらはないので、”花がしおれる”という感覚はなし。

暑い時期などは水に浸かった茎が傷みやすいので、こまめに水替えをして切り戻しましょう。ヌルヌルした部分は洗い流すか、切り落として短くして飾るのがよいです。

 

テマリソウの飾り方・飾るときの注意など。

カーネーションやナデシコと同じ仲間なので、茎に節があります。ここに葉っぱがついていると、水の中で腐る原因になるので、葉はしっかり取り除きましょう。

茎はななめにカットして水に活けます。

 

テマリソウの花言葉は?

テマリソウは新しい園芸種なので、古くからの花言葉はありません。

花言葉は、『純粋な愛』『才能』『思慕』 などと言われています。

 

テマリソウの豆知識いろいろ。

テマリソウはナデシコのなかま。

お花のようなお花じゃないような不思議なテマリソウですが、テマリソウはビジョナデシコの園芸種です。

ビジョナデシコってこんな花。

ギュッとまとまって咲くボール状のかたち、緑のつぼみ部分は、テマリソウそのものですね。

緑のふさふさした部分は、雄しべや雌しべ、花びらが変異したもの。

切花として出回り始めたのも結構最近(2000年以降)です。さらに最近、鉢物も出回り始めたそう。

染めテマリソウもある!

秋冬にかけて、こんなふうに茶色系に着色したテマリソウの切花も見かけました。長く飾っていると徐々に花芯?が伸びてくるのか、緑色の部分が出てきました。

 

切花のテマリソウ、まとめ。

テマリソウ、まとめです。

・ふさふさマリモのような花は個性的。日持ちも抜群!

・切花として出回るようになったのはごく最近。アレンジや花束に使いやすい!

・植物的にはナデシコの仲間。ビジョナデシコというナデシコを改良したもの。

すっかりお花屋さんではお馴染みになった『テマリソウ』。これから更に品種などもふえていくかもしれませんね。

添え花としても使いやすいので、お店で見かけたらぜひ一度手に取ってみてくださいね。

 

関連記事

【切花図鑑】カーネーション|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

 

▶『切花図鑑』もくじへ

花言葉を調べて花を贈りたい方におすすめのサービス!

花束やアレンジメントを贈るとき、花言葉がわかるといいな、と思ったことはありませんか?

ハナラボノートは、

お花屋さんの店頭で、サッと花言葉を調べられる『公式LINE』をつくりました!

 

こんな感じで「花名」を話しかけると、そのお花の花言葉・関連記事をすぐに返信します。

 

特徴は、お花屋さんに出回っている切り花のみに絞ってまとめられていること。

現代の私たちは、花を贈ろうと思ったらお花屋さんを利用しますよね。でも、お花屋さんに出回る切り花は、原産地も歴史もさまざま。古くからの花言葉本には載っていないものもあったりします。

花束やアレンジメントを贈るときに、それでは不便…ということで、現役のお花屋さん目線で、従来の花言葉本からピックアップしてまとめなおしました!

 

登録はコチラから★

友だち追加

ぜひご利用ください\(^o^)/