花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
切花図鑑

【切花図鑑】オーニソガラム|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

オーニソガラム

白い星のような花を咲かせる春の球根花『オーニソガラム』。切花としてはよく出回っており、ブライダルなどに人気の品種もあります。

同じ『オーニソガラム』として出回っていても、見た目がけっこう違う品種があるので要注意。今回はそんな『オーニソガラム』をご紹介します。

オーニソガラムってこんなお花!

オーニソガラムの基本情報です。

オーニソガラム

オーニソガラムの基本情報

学名:Ornithogalum umbellatum
分類:ユリ(キジカクシ)科 / オオアマナ属
和名:オオアマナ 英名:Star of Bethlehem
原産地:地中海沿岸・南アフリカ(*)

国産品の出回りは4~5月が多いです。輸入品もあり、10~12月に多く見かけます。量の多少はありますが、1年を通じて手に入れることはできます。

大きく分けて種類は3種類。トップ写真に載せたような「円錐状に咲く白い花のタイプ」「黄色やオレンジ色のタイプ」「花の中央に緑のつぶつぶがあるタイプ」があり、けっこう見た目が違うので、同じオーニソガラムと言われてもピンとこない人もいるかも。
*詳しくは後述します

価格は1本200~400円くらいで出回っています。

 


スポンサードリンク




オーニソガラムの切花の飾り方・日保ちについて。

オーニソガラムの切花、日持ちはする?

オーニソガラムは、つぼみが次々と咲いてくるので、比較的長く楽しめる切花のひとつです。

入荷したときはこんなに固いつぼみ。

オーニソガラム

花が開くとボリュームが出ますね。

オーニソガラム

オーニソガラムの飾り方・飾るときの注意など。

やや茎が腐りやすく、水替えをサボっているとドロドロになってしまうことも。

水に浸かっている部分の茎は傷みやすいので、水替えのたびに少しずつカットして切り戻していくと良いです。

咲き終わった花があれば摘んでおきましょう。

オーニソガラムの花言葉は?

オーニソガラム

花言葉は、『純粋』『無垢』『才能』『純白』『清らかさ』 など

白く、凛とした花のたたずまいから、素敵な花言葉がたくさんついています。

 

切花のオーニソガラムで覚えたい、3つの品種。

オーニソガラム・シルソイデス(普通の白いオーニソガラム)

オーニソガラム

お花屋さんで普通に『オーニソガラム』と呼ばれているのはこれ。円錐状で、下から花が咲いていきます。

「マウントフジ」などの品種があります。

オーニソガラム・ダビウム(オレンジや黄色のオーニソガラム)

オレンジ色や黄色のオーニソガラムは、『オーニソガラム・ダビウム』という種類です。花の形はシルソイデスに似ています。

オーニソガラム・サンデルシー(真ん中に緑のつぶつぶがある白花)

こちらはブライダルなどでも人気の『オーニソガラム・サンデルシー』。オーニソガラムの中では大型で、茎も長く出回っているものも多いです。

 

(*)切花でよく出回っているこの3種は、いずれも南アフリカ原産のオーニソガラムです。

オーニソガラムの豆知識いろいろ。

英名は『Star of Bethlehem(ベツレヘムの星)』

オーニソガラムの花は「ベツレヘムの星」と呼ばれています。それは中近東のこんな民話からきているとのこと。

ベツレヘムの星は、キリスト誕生時、東方の三賢者を導いた星。その星は流星のように飛び散って地上に降り注ぎ、あたりの野原に散らばって、花になった。この花は空の星と似て星の形をしていた。キリストの父ヨセフは明け方にこの花をつんで、妻マリアのひざに眠るイエスにふりまいた。

この花が、オーニソガラムなのだそう。

ここで出てくるオーニソガラムは、地中海沿岸~アジア原産の『オーニソガラム・ウンベラータ』だと言われています。

確かに、星をちりばめたようですね!

切花でよく見るオーニソガラムも、よく見ると花の一つ一つは星のような形をしています。

 

切花のオーニソガラム、まとめ。

オーニソガラム、まとめです。

・春と秋によく出回る、球根花。

・切花でよく見るのは「シルソイデス」「ダビウム」「サンデルシー」の3種。

・英名では『Star of Bethlehem=ベツレヘムの星』と呼ばれている。

主役級ではないものの、可憐な花がじわじわと人気な『オーニソガラム』。店頭で見かけたらぜひ手に取ってみてくださいね。

関連記事

>>【花言葉】脇役だけど、じつは良い花言葉を持ってる花!17種まとめ。

 

写真でわかる!切花図鑑のもくじはこちらのページからどうぞ↓↓