花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
トピックス

【8月のお花屋さん】おすすめの旬の花・誕生花・イベントまとめ

いよいよ暑さもピークの8月。

夏らしい行事や、この時期にぴったりなトロピカルなお花をご紹介します。

 

8月の誕生花*トルコキキョウ・アンスリウム

8月のイベント:お盆

古くから、日本には夏にご先祖様の供養をする風習がありました。

もともとは、旧暦の7月13〜16日に行われていた行事ですが、現在では8月に行う地域が多くなりました。(東京など一部の地域では7月に行います)

13日は「迎え火」を焚いて、ご先祖様をお迎えします。14・15日はお供物をして、16日に「送り火」を焚いて送り出します。

「送り火」「迎え火」の日に合わせてお墓参りに行く方も多いです。


スポンサードリンク




お盆のお花といえば?

菊(キク)

仏事には欠かせないキクの花。

菊の魅力のひとつに、日持ちの良さがあります。暑いお盆の時期でも、長く飾れるありがたいお花のひとつ。

蓮(ハス)

ハス

極楽浄土に咲くと言われ、とても神聖とされているハス。お花屋さんでは、花のほかに蓮台(実の部分)、葉も売られています。

非常に水あげが難しいので、切花のつぼみはほとんどの場合咲きません。

ハスの葉は、初物の農作物をお供えする「水の子」の盛り皿として使われます。

乾燥に弱いので、お店の見えるところに並んでいないかもしれませんが、盆飾りを売っているような花屋さんでは用意していることが多いので、聞いてみましょう。

鬼灯(ホオズキ)

ほおずきは「鬼灯」と書き、灯りとしてご先祖様の道標になるように、提灯と見立てて飾られます。ふっくらとしたオレンジ色の姿が、火の灯った提灯のように見えますね!

飾り方もいろいろ。茎に連なった形のままでも、一粒ずつ飾っても可愛らしいです。

リンドウ

ブルーや白など涼しげな色味のリンドウも、お盆のお花に用いられることが多いです。枯れても散ることがなく、お墓参りなどに用いるにも扱いやすいお花です。

ケイトウ

クルメケイトウ

鮮やかな色がカラフルで、個性的な形・ボリュームもあるケイトウ。こちらも花弁が散ることなく飾れるので、お墓参りの花に人気です。

 

亡くなった人を偲び、お盆に花を贈る

ご自宅で自分の家のご先祖を迎える以外に、お供えとしてお花を贈る機会でもあります。

故人が亡くなってから初めて迎えるお盆を「新盆」や「初盆」と呼び、そこに合わせてお花を贈る方も多いです。

お盆の期間は13日~16日。その期間にお坊さんが家に来て法要をされる場合も多いので、13日の前に届くように贈るとよいでしょう。

色味は白・グリーンを中心に、青・紫などを入れるのが一般的。亡くなってから年月が経っていれば、ピンクなど明るい色を入れることも。

花束・アレンジメントどちらでもかまいませんが、花束はもらった方に活け替えなどの手間が発生します。仏壇の前にぽんと置けるアレンジメントが人気です。

また、お盆の季節は日本で最も暑い季節。配送はクール便などに対応しているかどうか、お花屋さんに確認しましょう。花キューピッドなど「近くのお花屋さんが届けてくれるシステム」もおすすめです。

<お供えのお花を贈る際の注意点>

季節のお花を使えば基本的には問題ありませんが、一般的なマナーとして避けた方が良いお花もあります。

・バラやアザミなど、トゲのあるもの

・彼岸花やトリカブトなど、毒のあるもの

・クロユリなど、黒い花

・カサブランカなど、香りの強いもの

お供えの花を贈る場合は、心に留めておきましょう。

8月のデイリーフラワー

8月におすすめなのは、トロピカルなランの花たち。

暑さにも強く、カラフルで、夏に元気を届けてくれるラン。種類も豊富なので、この時期ならではの飾り方で楽しんでみましょう。切花として人気のランをつ紹介します。

モカラ

ビビッドなピンクやオレンジなど、鮮やかな色合いが多いモカラ。比較的安価で、手に取りやすいと思います。

デンファレ

デンファレ

ドリンクやカクテルの飾りに添えられているのをみたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

白やピンクの差し色が入ったもの、淡めのピンクなど、涼しげな雰囲気が感じられるタイプのラン。

オンシジウム

花自体は小ぶりですが、たくさんの花を付けるので、ボリューム感のあるラン。黄色はよく見かけると思いますが、最近は、くすんだピンク色や、ココアを思わせるブラウンも出回りがあります。

バンダ

モカラより大ぶりで、存在感があります。お値段もやや高価。深いパープルなど、落ち着いた色味が多め。

 

切り花は、「(蒸れてしまうため)花には水をかけない」というのが一般的ですが、ランや熱帯の植物は表面から水分が蒸発しやすいため、たまに霧吹きをしてあげるとよいでしょう。

夏の花と合わせて飾りたい葉もの

夏は葉ものが豊富な季節。いつもの花でも、葉物の使い方で更に雰囲気のあるいけ方が楽しめます。

夏らしく大胆に飾れる葉ものを種類ご紹介します。

レザーファン

定番中の定番。お値段も手頃で、一枚あるだけでも雰囲気が変わります。

タバリアファン

レザーファンより小型で葉の切れ込みが細かいシダ。繊細な雰囲気です。

アンブレラファン

名前の通り、傘のような広がり方が個性的なシダ。口の広い花瓶に活けると花留めにもなります。

タニワタリ

ワカメのような形がユニーク。波打つ葉が人気の”グリーンウエーブ”などの品種があります。

アレカヤシ

南国のホテルやレストランに鉢物として飾られていることが多いアレカヤシ。大ぶりな葉物なので、ブーケの背の部分や、スタンドにもよく使われます。

モンステラ

うちわのような形のトロピカルなグリーン。ランやアンスリウムなどの南国の花と相性抜群です。アロハシャツの柄などにもプリントされていますね。

 

―――――

暑さの厳しい季節ですが、お花には、この時期ならではの楽しみも。

身体を気遣いながら、楽しい季節を過ごしましょう。

関連記事

暑い季節、こちらの記事もどうぞ。

>>お花屋さんが教える!夏の切花を長持ちさせる方法と考え方

>>夏は切り花がもたない?7~8月に花屋で買える『暑さに強い切花』をまとめました