花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
花に関係する行事

12月12日『ダズンローズデー』12本のバラで愛を伝えよう

プロポーズをする時、花束を差し出して「結婚してください!」というシーンを思い浮かべる方も多いかと思います。

いざ、花束を用意しよう!という時、一体どんなものを選べば良いのか迷ってしまう方も多いかと思います。

王道はバラですが、はたしてプロポーズにぴったりのバラってどういうもの?

そんな方におすすめしたいのが、『ダズンローズ』です!

ダズン=12本のバラ。

それにちなんで、12月12日は『ダズンローズデー』とされており、欧米では、愛する人に12本のバラを贈る日とされています。

ダズンローズには、どんな意味があるの?どんな品種?予算やボリュームは?

ダズンローズがどういったものなのか、解説していきます。

 

ダズンローズとは?

定番の赤バラのダズンローズブーケ

12本のバラを束ねた花束を「ダズンローズブーケ」と言います。

この12本には、一本ずつ

「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」

といった意味があります。

 

花束を受け取った花嫁は、この中のひとつを選び、新郎の胸ポケットに飾ります。これが、新郎のブートニアの起こりと言われています。

バラは贈る本数によって、違った意味が込められており、プロポーズや求婚の意味のある本数は108本!

ボリューム満点のバラの花束は華やかで嬉しいものですが、現実問題として、「持ち運びは?」「花瓶はどうするの?」と受け取る側の手間がかかってしまいますね。

 

ダズンローズ(12本のバラ)なら、短くすれば可愛らしく、長めにまとめればゴージャスに演出できて、飾る時にもほどよいボリューム感。

ひとつひとつのバラの意味を伝えながら、お二人の将来を想う時間を育てることに一役かってくれることと思います。


スポンサードリンク




ダズンローズにはどんなバラを選べばいい?

白バラもプレゼントに人気のバラ

ダズンローズは、本数が重要。品種や色は贈る方に似合うものを選べば大丈夫です。

真摯な想いを伝えるなら、王道の赤バラ。女性に人気のピンクも、濃淡さまざまな品種があります。

いつもはつらつと元気な姿が印象的な方には、ジューシーなオレンジを。

可憐で純心なイメージの白いバラは、ウエディングを思わせる色。プロポーズにもぴったりです。

色だけではなく、香りのよいバラを選ぶのもおすすめ。香りとともに思い出に残ること間違いなしです。

黄色のバラの花言葉には「嫉妬」の意味があります。黄色のバラも素敵な品種がたくさんあるので一概にダメとは言いたくないのですが、気にする方もいるので注意が必要です。

ダズンローズを贈るときは、予約を忘れずに!

お花屋さんといえども、常にどんな花でも置いているわけではありません。

特にバラは人気の品目なので、まとめて購入する方も多いです。飛び込みの来店だと、同じ色が12本揃わない!なんてこともあります。

余裕を持って、1週間前にはいちどお店に相談しましょう。

そのときに、今の時期の花の様子や、どんなバラが入荷されるのか、おおよその予算などを相談しておくと思い通りのブーケが受け取れると思います。

どうしても急に必要になった時は、来店前にお店に電話を!現在の在庫や、受け取りまでにどのくらい時間がかかるのかを聞いてみると、慌てずにすみますよ。

12月12日、大切な人へダズンローズを贈ろう

大切な方へ、想いを伝えるダズンローズ。

その準備がスマートなら、お相手の方も安心して受け取って下さるのではないでしょうか?

不安なことはお花屋さんに相談しながら、素敵なブーケを作ってみてくださいね!