花言葉がすぐ検索できる!公式LINEはじめました
上手に花を買うには

ビバーナム・スノーボールの水あげ方法と、長もちさせる楽しみ方

4~6月頃の初夏に出回るビバーナム・スノーボール。

小さな紫陽花のように咲くてまりのような花と、さわやかな白・グリーン色で人気の花です。

みんな大好きなスノーボールですが、切花としての扱いはやや難しめ。買ったけどすぐぐったりしちゃった、どこから切っていいかわからない、など悩んだことはありませんか。

今回は、ビバーナム・スノーボールの切花を楽しむための水あげの方法と、扱い方をまとめてみました。

ビバーナム・スノーボールはこんな花!

ビバーナムスノーボール

ビバーナム・スノーボールの基本情報はこちら。

学名:Viburnum opulus Roseum
分類:スイカズラ科 / ガマズミ(ビバーナム)属
和名:西洋手毬肝木(セイヨウテマリカンボク) 英名:Snowball
原産地:ヨーロッパ・北アフリカ

4月~6月頃に多く出回り、切花としては「枝もの」「花木」に分類されます。

花言葉は『茶目っ気』『誓い』など。さわやかな色合いが、ウエディングにも人気です。

 

全体像はこんな感じ。かたい茎の部分から、緑色の茎が枝分かれして、その先端に手毬のように花がついています。

ビバーナムスノーボール

水あげはあまりよくないので、基本的には水にしっかりつけておける飾り方がおすすめです。(吸水性スポンジに挿すようなアレンジは要注意)


スポンサードリンク




ビバーナム・スノーボールには、白い花と緑の花がある??

お店で見かけるビバーナム・スノーボールは緑が濃いものと、白っぽいものがあります。これは、咲き進みの状態によるもの。

ビバーナムスノーボールは、はじめは緑色で、咲き進んでいくにしたがって白くなります。

切花の場合は買った状態からそれほど咲き進まないのですが(多少は白くなります)、収穫したときの咲き進み具合で色が異なってきます。

出回り時期の初めの頃は緑色のものが多く、出回り時期の最後の方になると白っぽいものが増えてきます。

水あげ:茎の切り方がポイント

ビバーナムスノーボール 水あげ

お花屋さんでする水あげの方法

まず、お花屋さんがやる水あげの方法を説明します。

ナイフを使って茎をななめに削ぎ切りにします。このとき、茎の表皮を(鉛筆を削るみたいに)削って剥く人もいます。

(削ぐのではなく、割りを入れたり叩いたりするやり方もあります。湯あげや焼きあげといって、切り口を熱湯に入れたり、焼いたりする手法を使う場合もあります)

次に、茎の中心にあるふわふわとしたものを取り除き、茎の中心部を露出させます。ここでさらにミョウバンを切り口にすりこむ人もいます。

ビバーナムスノーボール 水あげ

最後に、花や葉の付いている部分を新聞紙で巻き、深めの水に入れてしばらく水を吸わせます。これで水あげは完了。

自宅での水あげは?

お花屋さんに並んでいるスノーボールはこのように水あげは終わっています。買ってきたらもう一度茎を切って、花瓶の水に活けてください。ナイフが使えれば、同じように削ぎ切りにして中身のふわふわを抜いておきましょう。

ナイフがない・使えない方は、ハサミでななめに切るだけでもOKです。また、ハサミで割りを入れてもよいでしょう。

 

太い茎から切りわけていいの?

ビバーナム・スノーボールは、茶色い固い茎から、緑色の茎が枝分かれしています。短く切って小さな花瓶に飾りたいときは、緑色の部分から切り落としても大丈夫。

かたい茎をつけておくより、その方が水あがりもよくなります。

 

茶色い茎をつけて活けたものと、緑の部分から切り落としたものを比較してみました。
↓↓↓

ビバーナムスノーボール

1週間後がこちら。
↓↓↓

ビバーナムスノーボール

あたまが重いのでぐにゃっとなっているように見えますが、葉っぱにもしっかり水があがっているので元気です。茎がついている方が、やや水が下がり気味。

短く飾りたい場合は、緑の部分から切って活けた方が長持ちします。

花がポロポロ散ってしまうのは?

ビバーナムスノーボール

買ってきてから、10日後。花がぽろぽろ落ち始めました。咲き進んだ花はこのように、自然に花が落ちていきます。

落ちた花もひとつひとつお花のかたちをしていて可愛いです。押し花にしてもいいですよ。

まとめ

小さな紫陽花のような花がかわいいビバーナム・スノーボール。さわやかなグリーンの花はほかの花との相性も良く、初夏の爽やかなアレンジにぴったりです。

とても人気があるのですが、切花としてはちょっと扱いにコツがいる花。ビバーナム・スノーボールを飾ってみるときに、この記事が参考になれば幸いです。

 

関連記事

写真でわかる!切花図鑑のもくじはこちらのページからどうぞ↓↓