知りたい花言葉をすぐに調べられる!LINE@はじめました
切花図鑑

【切花図鑑】ヒメヒマワリ|花言葉・出回り時期・花もち・飾り方

ヒメヒマワリ

夏のお盆や、秋のお彼岸時期に活躍する「ヒメヒマワリ」。

パッと明るい黄色い花。暑い季節にも長持ちするタフさ。1本に小さな花が枝分かれして咲くスプレー咲きであること。サブの花として丁度いい花の大きさで、夏の花束やアレンジに重宝するお花です。

とても丈夫で夏らしくて私は好きなのですが、主役級とはいかないので名前も覚えてもらいづらい印象。

これを機にぜひ覚えてほしい、ヒメヒマワリってこんな花!まとめてみました。

 

ヒメヒマワリってこんなお花!

ヒメヒマワリの基本情報です。

ヒメヒマワリ

ヒメヒマワリの基本情報

学名:Heliopsis helianthoides
分類:キク科 / ヘリオプシス属
和名:キクイモモドキ 
原産地:北アメリカ

お花屋さんで「ヒメヒマワリ」として出回っているのは、ヘリオプシス・ヘリアンソイデス種(Heliopsis helianthoides)の園芸品種です。

出回り時期は6月~9月頃。

スプレー咲きで使いやすいこと、くっきりとした黄色が鮮やかなことから、夏のお盆や秋彼岸などにも活躍します。

1本200円くらいのお手頃価格で、暑い時期にも比較的日持ちするので、夏に嬉しい。気取らずに楽しめる素朴な花です。

 


スポンサードリンク




ヒメヒマワリの切花の飾り方・日保ちについて。

ヒメヒマワリの切花、日持ちはする?

日持ちはまあまあ良い方だと思います。茎が硬くて丈夫なので、茎が腐ってどろどろになったり水が濁ったりしにくい。

花や葉がチリチリとしてくるので、枯れてくるのもわかりやすいです。

ヒメヒマワリ

枝分かれして出ている小さなつぼみは咲きませんが、動きがあって可愛いので、アレンジなどにはグリーンとして使ったりします。

ヒメヒマワリ

ヒメヒマワリ1本だけでも、切り分けて使えば、小さい花瓶を十分に賑やかにしてくれます。

ヒメヒマワリ

脇枝のつぼみのところが可愛くてお気に入りです(個人的に)。

 

ヒメヒマワリの花言葉は?

ヒメヒマワリ

ヒメヒマワリの花言葉は、花言葉の本などには基本的に載っていません。それほどメジャーじゃない花だからでしょうか。

検索してみると、ヒマワリの花言葉である、『憧れ』『崇拝』『誘惑』 などが当てられていることが多いです

 

品種・合わせたいお花・おすすめの使い方。

出回っている品種のほとんどは「旭(あさひ)」。

切り花として出回っている品種の90%以上は、八重咲きの「旭」という品種です。今回ご紹介した写真も「旭」です。

ヒメヒマワリ
花の大きさはちょうどタンポポと同じくらい。花の咲き方も似ていますね。

まれに、一重咲きの品種(「陽光」など)が出回ることもあるようです。

 

 

ドライフラワーにしてもOK。

黄色い花びらの部分は色が残るので、ドライフラワーに使う方もいます。

チリチリした感じにはなるけど、ドライの雰囲気としては悪くないですね。

本日ショップにアップしたもうひとつの作品です! 色鮮やかなヒメヒマワリの黄色とラベンダーに、アンティーク感あるセルレアやスモークグラスをプラスして、今から秋にかけてぴったりの作品となっています✨🌿 ユーカリをたっぷりと使っていますのでボリュームがあります! ナチュラルな雰囲気なので お部屋になじみながらも、 存在感もあるスワッグになりました! ¨ ぜひショップをご覧いただけましたら嬉しいです(*^^*)💠 ショップには私のインスタグラムのプロフィールのURLから飛べます! よろしくお願いいたします✨ ¨ #ドライフラワー#スワッグ#ドライフラワースワッグ#花#花のある暮らし#ドライフラワーのある暮らし#ボタニカル#植物#花雑貨#インテリア雑貨#壁飾り #ハンドメイド#ハンドメイド作品#ハンドメイド作家#minne#creema#秋ハンドメイド2018#ユーカリ#ラベンダー#ヒメヒマワリ

hime-flower ドライフラワーさん(@himeflower2)がシェアした投稿 –

(ちなみにインスタで「#ヒメヒマワリ」と検索すると一番でてくるのはルドベキアです。それヒメヒマワリじゃないから!と心の中でつっこみます)

夏らしいビタミンカラーのお花と好相性!

ヒメヒマワリの魅力は、パキッとした色だと思います。山吹色に近い、しっかりした黄色。夏らしい黄色・オレンジ系の元気な色に似合います。

野草っぽい動きも魅力。ざっくり束ねてナチュラルに使うといい感じです。

 

ヒメヒマワリの豆知識いろいろ。

「ヒメヒマワリ」という別の花がある?

じつは、「姫ヒマワリ」と言うと別の花を指すこともあります。

こちらがその「姫ヒマワリ」(Helianthus debilis)。いわゆるヒマワリと同じ仲間で、ヒマワリを小型にしたような風貌から「姫ヒマワリ」と名前がついています。

 

今までご紹介してきた『お花屋さんで「ヒメヒマワリ」と呼ばれている花』とは、別属になり、こちらは本家のヒマワリと同じヘリアンサス属。ややこしい。

ちなみに、よく間違われている「ルドベキア」は、キク科ルドベキア属です。

 

でも、お花屋さんで「ヒメヒマワリ」と言ったらほぼ確実にコレ↓

ヒメヒマワリ

を指します。

同じ名前で呼ばれてる別の花もあるんだよな、ややこしいなー、と思っておいてください。

 

切花のヒメヒマワリ、まとめ。

ヒメヒマワリ、まとめです。

・6~9月に出回る夏限定の切り花。

・切り分けやすいスプレー咲きで、暑さに強く、日持ちも良し!

・切り花として出回っているのはほとんど「旭」という八重咲きの品種。

・「ヒメヒマワリ」と呼ばれている違う属の花(Helianthus debilis)がある。

夏の間、サービス束や仏花に入っていたり、意外と登場頻度は高いヒメヒマワリ。

使いやすいのでお花屋さんにはお馴染みですが、あんまり知られていないかも?と思ってまとめてみました。

カジュアルに、日常に楽しむのにぴったりの花です。見かけたらぜひ一度手にとってみてください!

 

花言葉を調べて花を贈りたい方におすすめのサービス!

花束やアレンジメントを贈るとき、花言葉がわかるといいな、と思ったことはありませんか?

お花屋さんの店頭で、サッと花言葉を調べられるLINE@のサービスをつくりました!

 

こんな感じで『(花名) 花言葉』と話しかけると、そのお花の花言葉が返ってきます。

花言葉

特徴は、お花屋さんに出回っている切り花のみに絞ってまとめられていること。

現代の私たちは、花を贈ろうと思ったらお花屋さんを利用しますよね。でも、お花屋さんに出回る切り花は、原産地も歴史もさまざま。古くからの花言葉本には載っていないものもあったりします。

花束やアレンジメントを贈るときに、それでは不便…ということで、現役のお花屋さん目線で、従来の花言葉本からピックアップしてまとめなおしました!

 

登録はコチラから★

ぜひご利用ください\(^o^)/