花の買い方【基礎】

新しい花で花束を作ってもらいたいときはこう言おう!花屋で使える便利なフレーズ

「花屋さんって花束つくるとき、古い花から入れるんでしょ?」

こんなことを聞かれたことがあります。

うーん。答えはイエスでもあり、ノーでもある。

どうせお金をだして花束を買うのなら、ぜひとも新しい質の良い花で作ってもらいたい。そう思っている人は、ぜひご一読を。

花屋は古い花を使いたがっているのか?

えーと。そりゃまあ、答えはイエスです。

「古い」というのが「入荷日から時間がたっている」だとするならば、もちろん古い方からはけてもらった方がありがたいです。花はナマモノ。生鮮品ですから。

スーパーだって賞味期限の古いものを手前に並べるでしょ?そうやって回転していかないと、ロスが出てしまうからです。

ただ、「入荷日から時間がたっている」ことが一概に「悪い」とはいえないのが花の難しいところです。

「新しい=良い」ではない

入荷したばかりのユリは全部つぼみの状態。華やかさがありません

花にはそれぞれ、「使いごろ」というのがあります。

入荷した時点で「使いごろ」になっている花もあれば、入荷した時点では微妙でも(かたいつぼみだったり)1週間くらいかけて、「使いごろ」になっていく花もあります。

また、お客様の用途によっても「見ごろ」は違います。

発表会の舞台でばばーんと渡したい花束には 綺麗に「咲いている」花を使うべきだし、自宅用でじっくり長く楽しみたいときには、かたいつぼみを選んだ方がいい場合もあります。

その「使いごろ」がいつ来るのかは、お花によってまちまち。

カーネーションやランなどは、すぐ使える(咲き進んでも姿があまり変わらない)状態で入荷します。バラなどは品種によって違います。咲きやすい品種もあるし、なかなか開かない品種もあります。

かたいつぼみで入荷したものは見ごろになるのに少し時間がかかるし、ユリなどは入荷日には1輪も咲いていないのが普通です。

花束は「見ばえ」を気にする商品。

贈呈シーンのある花束は、遠くから見たときの見栄えも重要

「3000円で花束作ってください。」

と言ったお客さんの頭の中には、ある程度のボリュームで束ねられた美しい花束のイメージ画像が浮かんでいるでしょう。

発表会かプロポーズか、なんにせよ花束は今日これから会う大切な人に渡すもの。

あんまり貧相じゃ困る…と思っていますよね?

そこで花屋は「見ごろ」の花を使います。たぶん「古い花をはけさせよう」というより「今、見栄えのいいものをつくろう」という気持ちの方が強いです。

今日華やかに見せたい花束に、咲いている花がないと困る

花屋は一応プロなので、花を見れば「その花があとどのくらい楽しめるか」は、直観的にわかります。そのうえで、注文の内容を聞いて、このくらいのは入れても大丈夫だな…というラインを見極めているのです。

たとえば今日限りのパーティや舞台に贈るものは、今日が一番きれい(そのあとは多少もたなくても大丈夫)なお花でいいな、という具合に。

入荷日が古い花も、どこかで使わなければロスになってしまいます。だから花屋にとってその見極めはとても大切。逆に、今日使う花束に、咲いているユリがなくて困る…ということだってあります。

善良な多くの花屋さんはそうやってお客さんの注文を見極め、さまざまな咲き具合のお花たちを、無駄のないように、喜んでもらえるところへ、振り分けているんです。

つぼみの花ばかり入れてもボリュームは出ないし、ちっとも華やかにならないのですよ。


スポンサードリンク




それでも、新しい花を入れてほしい!というときの必殺フレーズ。

それでも、古い花は入れてほしくない!なるべく新鮮な花だけで作ってほしい!と思ったとき。花屋として、こう言われたら古い花はいれづらいな…という必殺フレーズがあります。

それは…

「差し上げる方が、お花が大好きで詳しい人なんです…おうちでもよく飾っているみたいで。なるべくいいお花でお願いします。」

うっ…わかりましたっ!(必殺ワードきたー!!)

 

花束の発注者ではなく、「もらう人が」花好きだと言うのがポイント。

そうすると、この花束は今日もらわれたあと家に持ち帰られてちゃんと飾られるのだな、という前提ができます。こうなると寿命が短い花は使いづらい。

それに、ちゃんと手入れして長く飾ってもらえるとわかれば、多少今日の見栄えが悪くても「長く楽しめる花」を入れてあげよう、と思うのです。

本当に、新しい花だけで作ってほしいですか?

「新しい花でつくってください」
「なるべくもつ花でお願いします」

花束を注文されるときによく言われるセリフです。

でも花屋は心の中で「本当に新しい花だけで作ってほしいですか?見栄えがパッとしなくても?」と思っています。

また、「”もつ花”って言われても、もらった人がちゃんと手入れしてくれるかどうかによるよ~」…とも思っています。

 

大事なのは、自分の用途を把握してコミュニケーションをとることです。長く楽しめる花を贈りたいのか、今日の見栄えも大事なのか、それによって使う花も変わってきます。

花屋も別に意地悪してまで古い花を使ってやろうなんて思ってません。今日華やかな方がいいかな、と思って、良かれと思って咲いてる花を入れたりするんです。

それでも、品質のいい花・新しい花を重視したい!という場合は、さきほどご紹介した必殺フレーズを使ってみてくださいね。

 

関連記事