【年末花屋の小ワザ】手についた松ヤニを簡単に落とすアイテムはこれだ!

いよいよ年末が近づいてきました。花屋で働くみなさんは、ザ・繁忙期ですね。

この時期の悩みのひとつが、松やモミによる「ヤ二」。

クリスマスリースやアレンジに使う「モミ」などの針葉樹、お正月花に必須の松。切り口から出るヤニですぐ手がベタベタになりますよね。

べたついた手でセロファンやラッピングペーパーをさわると汚れるし、忙しい年末に作業効率が落ちてイライラすることも多いのでは。

そのままにしておくと手が真っ黒になり、コンビニでおつりをもらうのも恥ずかしい手になってしまう…(経験者)

そんな「ヤニ」対策に、私が使っているものをご紹介しましょう。

松ヤニのベタベタは「手ピカジェル」で落ちる!

健栄製薬株式会社が出している消毒用アルコールジェル「手ピカジェル」。

私の松ヤニ対策はコレ一択です…!

松ヤニは、マツ科の木から分泌される天然樹脂。クロロホルム、酢酸、エーテル、アルコールによく溶ける性質を持っています。

手ピカジェルの成分はアルコールなので、松ヤニを溶かしてくれるんです。

優秀なのは、ジェル状であること。液体のアルコールよりしっかりと残り、馴染ませるだけでベタベタがするりと取れます。作業中に短時間で手をきれいにするのにピッタリ。

携帯用のミニサイズもあります。

ホルダー付きなら、エプロンやシザーケースにひとつ付けておくといいかも。

毎年ものすごくお世話になっています。アルコールだけど、あんまり手が荒れる印象もありません。

クリスマスから年末の花屋には欠かせないアイテム。

お花屋さんで買ってきた松で手が汚れてしまったときは、ぜひ使ってみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大