じゃがいも『キタアカリ』ベランダ栽培記録

ものぐさベランダ菜園シリーズです。
じゃがいもも、ベランダでけっこう簡単に育てられますよ。

土が深くたくさん必要なので、培養土などの袋をそのまま使うと便利。

じゃがいもは痩せた土でも育つって習った気がする…と思って、使い古しの土を集めてそのまま使うという実験。じゃがいも的には、ハードモードです。(ごめん)

品種は最近人気の『キタアカリ』。ホームセンターで種イモを買いました。
2個入りという小さな単位のパックがあり、ベランダ菜園家としては嬉しい限りです。

【2月25日】種イモ植え付け

いらない鉢から土を集めて土のう袋に。
底面にざくざく穴をあけ、レンガとフラワーコンテナで置き場をつくります。ベタ置きにならないようにね。

イモを適当に埋めます。深さはイモ2個分くらい??

【3月19日】発芽を確認

たまに水をかけたりしつつ放置していましたが、ようやく新芽を確認!ほっ。

【3月28日】すくすく。

【4月5日】芽かきをしました。

もりもりしてきたので、少し芽かきをしてみます。根元からむしりとる感じ。

とりあえず4本残しに。

【5月30日】暑い日が続いて枯れ気味に…

すっかり途中の写真が抜けました(;’∀’)

5月上旬くらいまですくすく育っていましたが、あるところでピタリと成長がストップ。

そして5月後半、気温の高い日が続いて葉がかすれ気味になってきました。

放置していたらすっかり枯れ気味に。

本当はもう少し地上部が成長するはずです。花も咲かなかったしなあ。イモはできているのだろうか…?

もう少したったら掘り返してみます。

【6月3日】収穫。

すっかり枯れ枯れになってしまいました。

日当たりに移動してから調子が悪くなったようです。たぶん気温が高い日が続いたからかなあ。

さあ、イモはできているのでしょうか。

お!

…小さいけど、一応イモができていました。100円玉との比較が悲しいよう。

まとめ。

ベランダにおいて、5月の高温・日差しの強さは強すぎるのかも。寒冷紗などの日よけグッズも適宜使ったほうが良さそうです。(反省)

―――――

私のベランダ菜園手引書はコレ。わかりやすくて気に入っています。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大