知りたい花言葉をすぐに調べられる!公式LINEはじめました
花のお手入れ基礎知識

【お花屋さんが答えます】花束やミニブーケの「輪ゴム」は取ったほうがいいの?

いただいた花束やミニブーケ。

いざ飾ろう!と思ってラッピングをはずしてみると、輪ゴムや麻紐で花が束ねられていますね。

あれ、これってこのまま飾っていいのかな?はずした方がいいのかな?

そんな疑問をもったことはないでしょうか。

花束やブーケの輪ゴムはそのまま飾るのか、はずした方がよいのか。お花屋さん目線で解説します!

花束の形を崩したくないときは、そのまま飾る

「花を束ねる」テクニックこそ、フローリストの技術

綺麗に束ねられたブーケ。輪ゴムを取ったらバラバラになってしまうのでは…?と心配になりますね。

はい、輪ゴムを取ればバラバラになります!

この「花を上手に束ねる技術」こそが、フローリストの技術。なので、フローリストが作った花束をそのまま楽しみたい!という人は、輪ゴムや紐は外さないのがベスト。

 


スポンサードリンク




お花のためには、はずした方がよいかも

結束部分は蒸れて傷みやすい

輪ゴムや紐で茎を束ねることを「結束」と言います。

結束したブーケを花瓶の水に活けていると、やはりどうしても、結束している部分から傷みやすいです。特にぎゅっと縛っていると、そこが蒸れて傷みやすいのです。

傷んでくるスピードはお花の種類によって違う

茎の傷みやすさ(腐りやすさ)は、お花の種類によって全然違います。

茎がやわらかくて腐りやすい花もあれば、硬くて腐りにくい花もあります。いろいろな花を束ねているブーケの場合、結束している部分の、傷みやすい花の茎から傷んできて、水を濁らせる原因になります。

そもそも【輪ゴム】を使うのはあんまりよくない説

花のためにはラフィアや麻紐がベスト

そもそも、輪ゴムでぎゅっと茎を結束するのは、お花のためにはあんまり良くありません。

たくさんの花を束ねるブーケや、本格的なブーケの場合、結束は「ラフィア」や「麻紐」を使います。

ラフィアはヤシの繊維を紐状にしたもの。水でぬらすとぎゅっと締まり、植物の茎に優しいです。

とはいえ、ミニブーケや簡単なサービス束の場合、輪ゴムを使わないわけにもいきません(花屋的に)。

しっかりとしたお店なら、きつく輪ゴムを締めすぎていることはない(はず)なので、それほど心配しなくても大丈夫です。

結論:最初はそのまま飾って、だんだんバラしていくのがおすすめ

フローリストとしては、素敵に束ねた花束をそのまま観賞してほしい!気持ちもあります。

なので、

数日間はそのまま飾って、だんだんバラして飾る。

のがおすすめ。

束ねたまま水に活けていると、数日経つと水が濁りやすくなってくると思います。そうなったら、結束している輪ゴムや紐をはずしてあげましょう。

バラしてみると、茎が黒ずんでいるものや、葉が傷んでいるものなどがあると思います。

傷んだ葉は取り除き、茎が腐っているものなどは思い切って短くカットして、別のコップや花瓶で楽しみましょう。

花束は「花束」のまま飾らなきゃいけない!なんてことはありません。

種類ごとに分けてみたり、お気に入りの一輪だけ別の花瓶に飾ってみたり、自由に楽しんでください。

結束した茎が傷んだまま全体が枯れるのを待つよりも、ずっと楽しく飾れると思いますよ。

 

いただいた花束をどうやって飾るか?基本の基本はこちらの記事にまとめています。

あわせて読みたい
花もちが変わる!花束をもらったらまずやること。3月の送別会や、5月の母の日。 花束や切花のギフトが多くやり取りされる季節です。 お花をもらったけど、どうすればいいのかな?お花...