知りたい花言葉をすぐに調べられる!LINE@はじめました
グルメ

【東京担々麺】神田神保町「つじ田」身も心もしびれる担々麺!

美味しい担々麺が食べたい!東京担々麺のコーナーです。

辛いのに、しびれるのに、つい食べたくなってしまう担々麺。

本格担々麺が食べられるお店は意外と少なくて、訪れたお店をメモ代わりにまとめています。ちなみに本場では「汁なし」が本物だそうですが、私は汁ありが好きです。

第1回は、神田神保町「つじ田」。早速いってみましょうー。

 

神田神保町「つじ田」

駿河台下交差点から神田小川町に向かう、靖国通り沿い。ランチタイムには行列ができる「つじ田」です。

お店は新しく、モダンな雰囲気。カウンターのみ。店内に入ったら食券を買い、スタッフに辛さを注文します。「普通」の3でもちょっと辛めですよ、と言われてビビる私。

「正宗式」と「成都式」の2種類

「つじ田」の担々麺は2種類。「正宗式」と「成都式」です。正宗式は胡麻がしっかり効いた日本風、成都式は辣油の効いた本場式、とのこと。

今回は正宗式の汁あり、3辛(普通)にしました。

辛さと痺れをそれぞれ調整できます。慣れてきたら、細かいオーダーも楽しいかも。

 

神田神保町「つじ田」、感想。

そしてやってきたのがこちらです!

真っ赤!!

スープをひとくち口に入れれば、辛さが広がります。確かに3辛でもけっこう辛め。痺れはそうでもないかな?

肉味噌も美味しいし、ナッツが入っているのも嬉しい。なんというか、担々麺ってコレだよね!というメジャー感。つまり大変美味しいです。

辛さも痺れ具合も、非常に好みの担々麺でした。3辛がちょうどいい。これ以上は辛くなくてもいいかも。もちろん辛いの得意な方は上の辛さにも挑戦してみてください。

後悔は、別盛りのパクチーを注文すればよかったな…というところでしょうか。パクチー絶対合うと思うんだよね。

次回は「成都式」も挑戦してみたいと思います。ごちそうさまでした。

 

追記:「成都式」も食べてきたよ

というわけで食べてきました。

じーゃん!

赤い…

今回は、パクチーも忘れずにトッピング。

 

結論から言うと、私は「正宗式」の方が好きかなーという印象。

成都式はもっとシャープに辛さが伝わってくる感じでした。後味に胡麻感がないので、ちょっと物足りないかも(私は)。

やっぱり胡麻のコク、美味しいんだなーと実感しました。

 

お店情報

 

関連ランキング:担々麺 | 小川町駅新御茶ノ水駅淡路町駅