知りたい花言葉をすぐに調べられる!LINE@はじめました
オーダーの基本

花屋が教える!お見舞いに贈る花のタブーとは?

お花を贈るシチュエーションとして、意外に多いのが「お見舞いの花」

入院している人を見舞うとき、手土産にお花を持って行く人は多いのではないでしょうか。

でも、どんな花でもいいのでしょうか?

お花屋さんは「お見舞いの花」と聞いて、どんなことに気をつけて作っているのでしょうか?

 

せっかくの気持ちですから、迷惑にならず喜んでもらえるような贈り方をしたいですよね。

お見舞いのお花を選ぶ際に、注意すべきポイントをおさらいしてみました。

 

 

病院のお見舞いには「アレンジメント」がおすすめ。

花屋さんで贈りものにお花を、と言うと「花束にしますか?アレンジにしますか?」と聞かれると思います。

入院している方へのお見舞い(病院に持っていく場合)なら、迷わずアレンジメントを選びましょう。

 

患者さんが花瓶を用意しているとは限りませんし、狭い病室で水の入った花瓶を置くのは大変。花瓶に花を活けたら、水替えも必要になります。

その点アレンジメントなら、吸水スポンジに切花を挿してある状態なので、そのまま飾ることができます。

毎日の管理は、スポンジが常に湿っているように水を足すことだけ。

万が一ひっくりかえしても、花瓶を倒したときのように水が大量にこぼれることもありません。

 

毎日お見舞いに行けるご家族などでなければ、お見舞いの花はアレンジメントにしておくのが無難です。

 

・病室にお花を持っていくなら、アレンジメントにしてもらいましょう。

 


スポンサードリンク




お見舞いのアレンジにNGな花は?

一般に、根の付いた鉢もの は「寝付く」に通じ、縁起が悪いと言われ避けられています。

 

切花で避けるものはまず、香りの強いもの。代表的なのは、オリエンタル系のユリなどでしょうか。

狭い病室では思いのほか香りがこもりますし、同室の方に迷惑になることもあります。

 

次に、色の強いもの、特に赤色の花。積極的にはおすすめしません。

赤は血を連想するとも言いますし、体の調子が悪くて寝ている時ですから、目が疲れるような強い色は避けた方が無難かと。

 

反対に、真っ白や薄紫など、お悔やみを連想してしまうような組み合わせも避けます。

これは白や紫の花がダメということではなく、使い方ですね。パッと見「お供えっぽい」雰囲気にならないようにと気を遣います。

お見舞い用です、と伝えれば花屋は気を使ってくれると思いますが、白や紫のお花だけだと若干お供えっぽさが出る危険性はあるかも。

 

また、細かいことですが、咲き進んできたときに散りやすいもの・花粉が目立つようなものも避けるようにしています。これは、手入れや片付けが大変かなあという心遣いから。

 

 

—–

まあ、いろいろ書きましたがこれは「一般論」。

鉢植えが大好きで、眺めていれば元気になれる人には鉢植えを贈ったっていいと思いますし、真っ赤なバラが大好きな人には濃い赤のバラを贈ったっていいと思います。

その人と自分の関係性などを考慮して決めましょう。

 

とりあえず無難にするならば、以下のことに気をつけましょう。

・鉢植えはNG。

・香りの強い花、濃すぎる色(特に赤)の花は避けましょう。

・「病室へのお見舞い用です」と伝え、やわらかい色味の花を選びましょう。

 

 

お見舞いにプリザーブドフラワーを贈るのはアリ?

最近贈りものに人気な「枯れない花=プリザーブドフラワー」

生花を薬品で特殊加工して、2~3年楽しめるように加工したお花です。

このプリザーブドフラワーを使ったアレンジメントも人気で、お見舞いにもよく使われるようになっています。水の心配もいらないので手間もかからず、病室へのお見舞いにも大いにアリだと思います。

 

ただし!枯れないので、退院の際には荷物になるんですよね。大きいものだと結構かさばるんじゃないのかなー。

生花の「枯れたら捨てられる」というのも入院においてはメリットなので、そのあたりはよく考えて決めるといいと思います。

 

お見舞いにプリザーブドフラワーはOK。ただし、退院の際に荷物になることも。

 

病院へのお花持ち込みNG議論について。

数年前から、病院への生花持ち込みNG議論というのが湧き上がっています。

 

参考記事
お見舞いの花 お断り! 大阪の病院44% 「感染症の恐れ」と言うけれど… 

 

生花を病室に持ち込むは衛生的でないのは?という観点から、生花の持ち込みを禁止する病院も。

「花瓶の水は菌が繁殖しやすいのでは」との疑問の声から花瓶の水を調査、緑膿菌などが検出されたことから病院全体で花の持ち込み禁止策をとった

 

「免疫力が低下した患者が病原菌を体内に取り込むと危険性が高まる。病室の環境を汚染させないためには、生花の禁止は有効だ」

 

花屋としては、えー!という感じ。もちろん、さまざまな反論も出ています。

 

日本感染症学会は「極端に免疫が低下していなければ、花瓶の水や鉢植え植物は感染源とはならない。移植患者や重症のエイズ患者の病棟以外であれば、花の持ち込みの制限は不要」としている。

 

「緑膿菌は花瓶の水から飛び出して患者の口に入るわけではない。花瓶よりし瓶の方が院内感染のリスクはずっと大きい」と指摘。「一般病棟で花の持ち込みを禁止するのは、患者の安全というより、病院が自分たちの責任回避を優先させているからといえる」

 

個人的には、よほど免疫力が低下するような病気でなければ、そんなに気にしなくてもいいと思います。花があることによって、癒し効果だってありますし。

とはいえ、禁止されている病院もあるのも事実。

初めてお見舞いに行く病院では、念のため事前に確認しておくといいかもしれません。

 

まとめ。

病院へお見舞いに持って行くお花、まとめです。

 

・花束ではなくアレンジメントにしましょう。

・鉢物は基本NG。

・香りの強い花、赤や、強い色の花は避けましょう。

・お花屋さんに「病室へのお見舞いの花」と用途を伝えましょう。

・生花の持ち込み可能かどうか、病院に確認しましょう。

 

とはいえ、お見舞いは気持ちが大事。

入院している人が喜ぶもの、負担にならないことを第一に考えて選べば問題ないです。

迷ったらお花屋さんに聞いてみてくださいね。

 

あわせて読みたい
花束とアレンジメントはどう違うの?シーンに合わせて使い分けるコツ。お花屋さんで花を注文しようとするとき、「花束にしますか?」「アレンジにしますか?」と聞かれることがあります。 普段お花を買いなれて...