本当に使える花言葉リスト制作中!
上手に花を買うには

フレッシュクリスマスリースを手づくりしよう!お花屋さんで買える定番グリーンをまとめたよ。

 

いよいよクリスマスが近づいてきますね。街のイルミネーションに、クリスマスツリー。

予定は別になくったって、なんとなくソワソワ心躍る季節です。(お花屋さんで働く人は繁忙期ですね。お疲れさまです)

 

さて、クリスマスに定番のアイテムと言えば、クリスマスリース

造花で作ったものや、プリザーブドやドライ素材のものなど、たくさんの種類が出回りますが、花屋としては、フレッシュな素材で作った生リースをおすすめしたい!

 

生リースとは、フレッシュな状態の植物を使ってつくるリースのこと。

クリスマスリースは、モミの木や、杉・ヒバなどの針葉樹を使ってつくるのが伝統的です。

自分でつくってみたい!と思ったとき、どんな素材をそろえればよいのでしょうか?

 

この時期お花屋さんに出回る「フレッシュクリスマスリースに使えるグリーン」たちをまとめてみました。

 

フレッシュリース作りに必要な道具はコレ。

グリーン素材の前に、本格派リース作りに必要な道具はこちら。

リース土台とリースワイヤーです。

 

リース土台は針金で作ってもいいし、丸い輪っかであればなんでもOK。本場ヨーロッパでは、わらを巻いたものを使ったりするそうです。

我らが日本では、100円ショップで最適なものが売られています。最近の100均は本当にすごい。

 

リースワイヤーは少し手に入れにくいかもしれません。ネットでも売っているようなので、リンクを貼っておきます。

ぐるぐる巻かれて一続きに長いワイヤーであれば、アクセサリー用のワイヤーなどでも代用は可能。

 

 

 

お花屋さんに出回る「針葉樹」たち。

リースの土台が揃ったら、いよいよグリーン材料を集めましょう。

フレッシュなクリスマスリースに使うグリーンは「針葉樹」。モミとかヒバとかスギとか、そういう類の樹木です。

お花屋さんで花材として手に入りやすいものをまとめてみました。(随時更新)

 

クジャクヒバ

ヒノキ科・ヒノキ属、ヒノキの園芸品種。黄色みがかった色が特徴のヒバ。季節を通じて一番手に入りやすいのでは。お供え花の背あてに使ったりもします。

ヒムロスギ

ヒノキ科ヒノキ属、サワラの園芸品種。名前にスギとつきますが、スギの仲間ではありません。

クリスマスシーズンに手に入れやすく、リース作りには大活躍の素材。ふわふわとして痛くないし、モコモコしていてカサ増しに使いやすいです。

 

モミ

クリスマスと言えばモミの木!ですが、実はそんなに扱いやすくない。ヤニが多く、手がベタベタになるし、茎のかたちを活かすのはけっこう難しい。

北米オレゴンからやってくる輸入物が主ですが、国産のモミもあります。マツ科モミ属。

 

セッカンスギ

ヒノキ科スギ属。日本のいわゆるスギの中で、名前のとおり先端が白っぽくなっている園芸品種(セッカンスギ=雪冠杉)。

比較的お手頃で使いやすいですが、ややトゲトゲが痛い。

 

ヒノキ

こちらも日本人にはおなじみの針葉樹、ヒノキ。クリスマス時期には茶色いコロコロした実(球果)がついた状態で売られています。

平べったいので、ヒムロスギなど他のものと合わせて使うと使いやすいかも。ヒノキ科ヒノキ属。

 

ブルーアイス

ヒノキ科・ホソイトスギ属の針葉樹。最近人気の針葉樹です。シルバーっぽい色合いがアクセントに良く、香りもとても強い品種。最近は、鉢植えも見かけるようになりました。

(鉢植えでおなじみの「ゴールドクレスト」はヒノキ科・イトスギ属モントレーイトスギの園芸品種。近い仲間ですね)

 

ブルーバード

こちらも最近出回るようになってきました。ヒノキ科・ヒノキ属の針葉樹。

遠目はヒムロスギに似ていますが、葉っぱの先端がカールした感じになっているのが特徴。モコモコした感じで、リースなどには使いやすいです。

 

ジュニパー(セイヨウネズ)

クリスマスシーズン、モミと共に北米から輸入されてくるセイヨウネズの枝。香りが大変強く、ちょっとクラクラするほど。

渋いシルバー系で実(球果)もついており、アクセントに優秀です。ヒノキ科ビャクシン属。

 

針葉樹のフレッシュリースの作り方(ざっくり)。

リース土台とリースワイヤー、針葉樹を1~2種類用意したら、さあいよいよリースを作ってみましょう!

 

ざっくりと解説すると、

 

リース土台にリースワイヤーをくくりつけて(1)

 

 

小さくカットした針葉樹を土台にのせ、リースワイヤーでぐるぐると留めつける(2)

 

次の束も、少しずらして同じように留めつける(3)

 

以下、1周するまで繰り返し。

 

以上!

 

まあ、言うのは簡単。やってみると均等なリースをつくるのは結構技術が必要です。

それでも、針葉樹の香りにつつまれて自分のリースをつくるのはとっても贅沢な時間。機会があればぜひ体験してほしいです。

 

最初はレッスンやワークショップに参加して、基本の作り方を習うのがおすすめ。一度覚えれば色々な植物でリースをつくれるようになりますからね。

 

―――――

 

今回は、お花屋さんで手に入れやすい、リースに使える針葉樹たちをご紹介しました。

リースにしなくても、赤いお花と合わせて飾るだけでもクリスマス気分が味わえるはず。お店で見つけたらぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

*****

自分でやってみるなら、基本の1冊はこれがおすすめ。

今回ご紹介したような「巻き付けるタイプの基本のリース」から、貼りつけて作るもの、生花でつくるものなど、リースの基本が解説されています。