【東京担々麺】京急蒲田「パンダ」のタンタンメンは独自に進化した担々麺だった

美味しい担々麺が食べたい!東京担々麺のコーナーです。

本格担々麺が食べられるお店は意外と少なくて、訪れたお店をメモ代わりにまとめています。ちなみに本場では「汁なし」が本物だそうですが、私は汁ありが好き。

ふと思い立ったときにご近所で食べたいよねえ、担々麺。

ということで第3回は、地元・蒲田の「パンダ」です。いってみましょう。

京急蒲田「パンダ乾杯楼」

蒲田の担々麺といえば「パンダ」。噂に聞いたことはあったけど、実際入るのは初めてです。

京急蒲田からJR蒲田へと向かうアーケード商店街。ありました!

「タンタンメンで有名な」とわざわざ前書きがありますね。

パンダ!そして「タンタン麺」の文字。

ずーっと昔から使われているんだろうなあ…というメニュー看板にも。

写真では味噌ラーメンみたいな感じに見えます。でもこれだけ「タンタンメンで有名」と言われたら、行かないわけにはいかないでしょう。いざ入店!

「タンタンメン」と「担担麺」は別物かも??

メニューを見てみると、タンタンメンメニューがいっぱいあります!これ、「ラーメン」くらいのノリで「タンタンメン」って言ってない?

看板メニューである「タンタンメン」、本場の「四川担担麺」、パンダ社員・李さんが考案の「李担担麺」の3つの流派がある模様です。

私が思ってる担々麺は「四川担担麺」かもしれないと思いつつ、初回の今日は名物の「タンタンメン」を食べてみましょう。最初だしね。看板メニューだしね。

そして来たのがこちら。

写真どおり、肉味噌の乗った味噌ラーメン風。

ひとくち食べてみる。

うん、あんまり辛くない。味噌ラーメンではないけど…胡麻風味のラーメン…?

上にのってる白いかつおぶしみたいなものが、魚介の味がして美味しいです。うん、普通に美味しいラーメンだ。あれ?

ちなみに、担々麺以外のメニューも豊富。

休日の昼間、ちょい飲みのおじさんや家族連れで賑わっておりました。

京急蒲田「パンダ」、感想。

おそらくこの「タンタンメン」は、私の思ってる「担々麺」とは少し違う料理に違いない。

これはこれで美味しかったですが、ピリ辛!花椒のしびれ!ナッツと肉味噌!みたいな担々麺を想像していくと違和感あるかも。

「四川担担麺」と「李担担麺」も食べてみないと全貌はつかめない、と思ったのでした。

ごちそうさま。

お店情報。

関連ランキング:担々麺 | 京急蒲田駅蒲田駅梅屋敷駅

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大