本当に使える花言葉リスト制作中!
上手に花を買うには

夏は切り花がもたない?7~8月に花屋で買える『暑さに強い切花』をまとめました。

 

「暑くて花がもたないわねえ」「なにか、もつ花ないかしら?」

夏の花屋は毎日のようにそんなことを言われます。

まあねえ、涼しい時期に比べたらもたないよねえ…と内心ため息をつきつつ、お花選びのお手伝いをすることになります。

 

でも、夏だからこそ楽しめるお花もあるし、「もちがいい」と言ってもいろんなタイプのお花があるのです。

「そうですねえ、コレなんかは比較的もちがいいですよ?」

と紹介するお花たちをまとめてみました。

 

7~8月に、普通のお花屋さんで買えるものばかりです。花選びの参考に、どうぞ。

 

夏らしい花! ― 硬くて丈夫で強いタイプ ―

夏の花は比較的暑さに強いもの。そのなかでも、硬くて傷みにくいタイプの花たちです。

このタイプはドライにもなりやすいものが多い。主役級!とはいきませんが、季節感があって素敵なものが多いですよ。

ルリタマアザミ

紫色のトゲトゲ、アザミの仲間。硬くて傷みにくくて丈夫だし、ドライにしても可愛いです。夏しか買えない、季節限定のお花。

ベニバナ

染めものにも使うベニバナ。切花としても出回っています。小さな花火のようで可愛い。花は枯れてチリチリになってきますが、茎や葉もしっかりしているので、ドライにしても。

エリンジューム

ルリタマアザミに少し似ている、こちらもアザミの仲間。最近いろんな品種が出てきて、小さいものや大きいものいろいろあります。雰囲気変わらずドライにも良し。

ヒメヒマワリ

ヒメヒマワリ”旭”という品種が切花として多く出回ります。お盆やお彼岸の仏花に入れることも多い、暑さに強い花。枝分かれしてボリュームあるので、切り分けて飾るのにも最適。

スターチス

By: Nacho

おなじみ「ドライフラワーになりやすい花」の代表。生花として水に活けるときは、茎(についている葉っぱのような部分がある)が腐りやすいので、水を少なめにすると良いです。

最近は色バリエーションも豊富。ドライフラワーにするなら、最初からドライフラワーにしちゃった方がキレイにできます。

センニチコウ

こちらもドライフラワーになりやすい花です。晩夏~秋が旬。ピンク、白などのバリエーションも豊富。

お花は「千日たっても美しい色がのこる」という名前のとおり、ドライにしても色がキレイです。

南国の花!― 南国出身、夏のイメージを演出するタイプ ―

熱帯・亜熱帯から来た、南国出身のお花たちのグループ。夏らしい雰囲気を演出してくれます。水に強いので、夏は水に浮かべるなどの飾り方も楽しい。

季節を通じてもちは良い方ですが、暑さにすごく強いかというと、やや微妙。涼しい季節の方が、やっぱり長持ちはします。

ランの仲間

写真は「モカラ」というラン。ビビットなピンクや赤、オレンジなどのバリエーションもあります。ほかに「デンファレ」なども手に入りやすいラン。

茎が傷んできたら花を摘んでしまいましょう。1輪でお皿に乗せたり、水に浮かべたり、水に沈めて水中花のように楽しんだり、花1輪でもけっこう楽しめます。

クルクマ

タイの国花としても知られる、ショウガの仲間。ピンク、白、グリーンなどの品種があります。

夏限定で出回るので、夏にぜひ楽しんでほしい花のひとつ。花もちも良好です。

アンスリウム

ザ・南国!イメージのアンスリウム。真っ赤で大きいのはちょっと…という方も、最近は花色もピンク、白、グリーン、紫など豊富になっています。お花の大きさも様々。

1輪+葉っぱで十分存在感あるので、お気に入りの色をみつけたら是非。

 

あわせて読みたい
花の名前、わかりますか?お花屋さんでよく見る花13選【南国トロピカル編】 お花屋さんで花束を頼もうと思っても、花の名前がわからない。知りたくても、名前が書いてない…。 お花屋さんで花を買おうと思っ...

咲きながら長持ち!― 咲き進みながら長持ちするタイプ ―

季節を通じて「長持ちする」と言われるグループですが、「そのままの形で長持ちする」わけではありません。

順々に花が咲いていって、最後の花が咲き終わるまで楽しめる。そういう意味で、「長持ちする」花たちです。

順々に咲いていくので、最初に咲いた花は枯れていく。なので、こまめな手入れは必要です。

また、涼しい時期に比べれば、やっぱり咲き進むのは早いです。

 

ユリの仲間

長持ちする花=ユリ、というくらいの代表選手。カサブランカなどに代表される「オリエンタル系」という大きいタイプのユリは、最後のつぼみが咲くまで時間もかかり、しっかり最後まで楽しめます。

グラジオラス

こちらは夏代表の球根花。完全につぼみの状態のものを買うと、下から順々に花が咲いていくのが楽しめます。

縦に長いお花なので、背の高いシンプルな花瓶にこれだけ飾って、咲き進んでいくのを楽しんでみてはどうでしょうか。

 

まとめ。

夏はどうしても花がもちにくい季節です。それはもう、否定できません。

それでも、この季節にしかない花や、この季節だからこその飾り方もあります。紹介したお花をお花屋さんで見つけたら、ぜひ試してみてくださいね。

 

あわせて読みたい
お花屋さんが教える!夏の切花を長持ちさせる方法と考え方。 「夏はねー、花がもたないのよねー、何がいいかしらねー、どうせどれももたないけどねー」と憂鬱そうにため息つきながら買いに来る人がたまに...